チームメイトはすごい人ばかり。負けたくないという気持ちより、逆に尊敬した。レスター・シティ・岡崎慎司選手(30歳) スポーツ人間模様

10000000000000029566_20160504215347075122_P160331000622

近頃のスポーツ界、最大の番狂わせのひとつといわれるのは、昨年のラグビーワールドカップで日本代表が、南アフリカを破ったこと。
そして、またもや英国でとんでもないことが起こりました。

もう、みなさんご存知!
BBCがトップニュースで、団体競技のリーグ戦での世紀の番狂わせ。と伝えたのが、岡崎慎司が在籍するレスター・シティのプレミアリーグ制覇。

 うれしすぎて言葉にならない。

というのも当然でしょう。

今日はスポーツ新聞にも一般紙にも、大きく取り上げられています!

1992年、現在のプレミアリーグが創設されてから、優勝を飾ったのは、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、アーセナル、チェルシーのビッグ4と、ブラックバーンの計5クラブ。

まさかレスター・シティが6番目になるとは、おそらく誰も思ってもいなかったに違いありません。

1884年に創設されたクラブで、日本では明治17年にあたります。
しかし、歴史はあるもののトップリーグの優勝は初。だから、奇跡といわれ、世界中で大騒ぎになっている。
参考までにリーグ戦開幕前、ブックメーカーがつけたレスター・シティ優勝のオッズは5001倍でした。

昨年6月、岡崎はドイツのマインツから約11億円の移籍金で加入したわけですが、

 プレミアでプレーできるのは夢だったけど、また、ドイツ時代のように残留争いだろう。

と感じていました。
躍進のきっかけとなったのは、ラニエリ監督の就任。

現在は、ポゼッションサッカーが最先端の戦術。
各チームがボールを支配してパスを回し、チャンスをうかがうスタイルですが、ラニエリ監督は一瞬のスキをつくカウンターをチームの生命線にしました。
なるほど、今季のボール支配率は、46パーセントと驚くほど低いものの、「カウンター以外は、自由にプレーしろ」と自主性を重んじたことも優勝の原動力でした。

新チーム発足直後、岡崎はもちろんレギュラーの扱いでしたが、世界一といわれるプレミアのレベルの高さに驚かされました。

 何がすごいといっても、相手ディフェンスのフィジカルが強いことです。
 それから、フォワードもすごい人ばかり。負けたくないという気持ちより、逆に尊敬した。
 以前は、筋力トレーニングは、俊敏性をなくすから行わなかったけど、体を強くしないとやっていけない。
 こちらにきてから、自分の肉体が変わった。

といいます。練習は常に一番乗りで、居残りをして最後に帰る。

ちなみに、ラニエリ監督に約8億円という、特別ボーナスが支払われるとあって、選手以上にご満悦だそうです。

(原文)青木政司

5月4日(水) 高嶋ひでたけのあさラジ!「スポーツ人間模様」