秩父・羊山公園の芝桜と一緒に堪能したい駅弁~西武秩父駅「わらじかつ弁当」(800円) 【ライター望月の駅弁膝栗毛】

bl160504-1

きょう(5/4)は「みどりの日」。
首都圏随一の「みどり」がいっぱいエリアといえば埼玉の「秩父(ちちぶ)」!
望月も沿線在住歴20年以上となる「西武池袋線」の池袋駅にやってきました。
7番線の奥にある「特急専用ホーム」には、既に特急レッドアロー「ちちぶ」号が入線中。
西武線ではおなじみの特急用10000系電車ですが、ちょっと懐かしいカラーリング・・・。

bl160504-2

コレ、「レッドアロークラシック」という特急レッドアローの中で1編成しかないレアな編成。
初代レッドアロー(5000系)は昭和44(1969)年の西武秩父線の開通に合わせて登場、平成7(1995)年に引退し、現在の2代目になりました。
この2代目を1編成だけ初代風のカラーリングとしたものが、平成23(2011)年から西武池袋線を中心に走っていて、当たるとかなりラッキーなのです。
ちなみに、初代5000系の台車や主要機器などは、この10000系電車に流用されており、今も大きなモーターの唸りを上げて快走中。
また車体の一部は、北陸・富山の「富山地方鉄道」の16010形として活躍しています。

bl160504-3

今の時期、秩父といえば「羊山公園」で「芝桜まつり」が開催中。(5/8まで)
西武秩父駅から緩やかな上り坂を歩いて15分あまり、入園料(300円)を払って会場に入ると、甘い香りと共に一面ピンク色のじゅうたんが!
芝桜が植えられている面積はおよそ17600平方メートル、9種類、およそ40万株。
秩父はマイカーの人も多いですが混雑を勘案すると、池袋からほぼ1時間半で、この景色に出逢えるのは鉄道ならでは。
しかも正面にそびえる秩父のシンボル・武甲山(1304m)は、午後からのほうが順光になるので、朝寝坊しても美しい写真が撮れるのが有難い!!

bl160504-4

ただ、芝桜の丘全体をきれいに撮るなら、やっぱり午前中から日の高い時間帯がいいのかも。
植栽にはデザインがあって「秩父夜祭」の笠鉾、屋台の山車に乗った囃子手(はやして)が着こんだ「紅白襦袢(じゅばん)」模様をイメージしたものだそう。
平成12(2000)年から行われている「羊山公園」の「芝桜まつり」、去年は過去最高の48万人が訪れたそうですが、果たして今年はどうか?
時間的余裕のある方なら、出来るだけ平日、早めの時間に訪れるのがおススメ。
西武秩父駅前で入場券を先に買っておくのもイイと思います。

bl160504-5

「芝桜」も掛け紙に刷り込まれているのが、西武秩父駅弁「わらじかつ弁当」(800円)。
秩父エリアでは様々なお店で「わらじかつ丼」等が出されていますが、レッドアローの時間や混雑などでありつけない人も多い筈。
そんな時に重宝なのが西武秩父駅改札外売店、休日などは保温器付の特別ブースも設けて販売されている「わらじかつ弁当」です。
実はこの「わらじかつ弁当」、西武秩父仲見世通り「お食事処仲見世」で調製されており、普段は営業開始の10:30ごろからの販売開始。
なので限りなく出来立てに近い、温もりのある駅弁を手にすることが出来るのです。

bl160504-6

秩父のお隣・小鹿野のお店が発祥といわれる「わらじかつ」。
1足の「わらじ」になぞらえ、たれで味付けされた「2枚」のカツが白いご飯の上にドーンと載っているのが特徴です。
「お食事処仲見世」では「たれ」に醤油やざらめ、砂糖、みりんなどが使われているようで、掛け紙とふたを外すと甘い香りに包まれます。
思わず口の周り脂いっぱいにして、カブリと豪快にかぶりつきたい気分になるでしょう。
箸休めに酸味があってシャキシャキした食感を持つ漬物の「しゃくしな漬」が入っているのも秩父ならではです。

bl160504-7

「羊山公園」から西武秩父駅までは、西武秩父線のトンネルの真上を通るショートカットできる道もあります。
ちょうど西武秩父を発車したばかりの特急レッドアロー「ちちぶ」号がトンネルに吸い込まれていきました。
但し、とても急坂なので帰り道の利用がおススメで、足に不安がある方は緩やかなルートのほうがいいと思います。
さあ、今回の駅弁膝栗毛、「芝桜」は正直言って”前座”です。
次回、噂の「レストラン列車」に乗り込みます!

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!
「ライター望月の駅弁膝栗毛」
(取材・文:望月崇史)

【ごあいさつ】
はじめまして、放送作家の望月崇史(もちづき・たかふみ)と申します。
ニッポン放送には、昔の有楽町の社屋の頃から、かれこれ20年お世話になっています。
最近では、月~木・深夜24時からの「ミュ~コミ+プラス」で放送された、
ルートハンター」のコーナーに、5年ほど出演させていただきました。

そんな私がライフワークとしているのが「駅弁」の食べ歩き。
1年間に食べる「駅弁」の数は多い年でのべ500個。
通算でも4500個を超えているものと思います。
きっかけとなったのも、実はニッポン放送の番組。
2002年~05年に放送された「井筒和幸の土曜ニュースアドベンチャー」の
番組ウェブサイトで「ライター望月の駅弁膝栗毛」を連載することになり、
本格的に「全国の駅弁をひたすら食べまくる生活」に入りました。
以来、私自身のサイトや、近年は「ライター望月の駅弁いい気分」というブログで
「1日1駅弁」を基本に「駅弁」の紹介を続けています。
”駅弁生活15年目”、縁あってニッポン放送のサイトで連載させていただくことになりました。
3つの原則で「駅弁」の紹介をしていきたいと思います。

①1日1駅弁
②駅弁は現地購入
③駅弁のある「旅」も紹介

「1日1駅弁」ですので、日によって情報の濃淡はありますが、
出来るだけ旬の駅弁と鉄道旅の魅力をアップしていきますので、
ゆるりとお付き合い下さい。

【プロフィール】

望月崇史(もちづき・たかふみ)望月

1975年12月8日静岡県生まれ。
早稲田大学在学中から、ニッポン放送で放送作家に。
卒業後の2002年「井筒和幸の土曜ニュースアドベンチャー」の番組サイトで始めた
ライター望月の駅弁膝栗毛」をきっかけに、全国の駅弁食べ歩きをスタート。
以来およそ15年、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。
1日1駅弁のウェブ紹介を日課とし、これまでに食べた駅弁は4500個以上。
ニッポン放送「ミュ~コミ・プラス」ルートハンター、鉄道特番などにも出演。
丸の内朝大学・温泉クラスの講師も務める。