あけの語りびと

「私もこの桜に負けちゃいられないんだよ」桜が好きな仲間と共に手作りのコンサートを主催する男性「あけの語りびと」(朗読公開)

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。
上柳昌彦あさぼらけ 『あけの語りびと』

仙川駅前IMG_5351(w680)

仙川駅前

京王線「仙川(せんがわ)駅」……、その駅前に、太い幹、立派な枝ぶりの、2本の桜が、今年も、蕾をほころばせています。
この桜は、昭和16年、地元の地主さんに、男の子が生まれた記念に植えられました。
桜の幹を、なでながら話しかけているお年寄りがいます。

「桜と話が出来るんだよ」というこの方、本間紫蘭堂(しらんどう)さん。紫の蘭のお堂と書き、子どもの頃から、からかわれたそうです。
「桜も、私も、ほぼ同じ年、80歳になるんだよ。だから桜の気持ちが、よくわかるんだ」と笑います。

この桜の下で、毎年4月1日、「夜桜コンサート」が開かれます。
本間さんは、桜が好きな仲間と一緒に、コンサートを主催しています。

写真提供 本間紫蘭堂氏IMG_5400(w680)

本間紫蘭堂氏 (写真提供 本間紫蘭堂氏)

本間さんは昭和12年、新潟生まれ、子どもの頃から桜が大好きでした。
「新潟の桜は、降り積もる雪にじっと耐え、春になって、凛と咲く。その姿がいいんだな。」
出版社に勤めていましたが、定年前に早期退職し、夫婦で日本各地の桜の名所を見て回りました。
「吉野の桜、高遠の桜、高田城や弘前城の桜もいい。女房も桜が大好きでね、日本中を桜見物して回ったもんだよ」

写真提供 本間紫蘭堂氏IMG_5408(w680)

(写真提供 本間紫蘭堂氏)

仙川に住んで30年近くになる本間さんは、駅前の2本の桜と、気の合う友のように、触れ合ってきました。
ところが、いまから17年前、平成12年の秋、調布市が進めてきた「駅前ロータリー計画」によって桜が伐採される、それを知った時、腰を抜かさんばかりに驚いたといいます。

「調布市は、『説明会も開いた。市民は了解済みだ』というんですが、よく聞けば、100人も集まらない説明会を、2回ほど開いただけ。調布市民は20万人以上いるわけですから、そのほとんどが知らずに、桜の伐採が決められていたんですよ」

これは納得いかないと、本間さんは、大勢の仲間と一緒に、仙川の桜の存続運動を始めます。

「風景は一つの思想だと、私は思うんです。駅前の2本の桜は仙川のシンボル。これが切られたら、仙川は別の町になってしまいます」

写真提供 本間紫蘭堂氏IMG_5406(w680)

(写真提供 本間紫蘭堂氏)

署名活動をしていた時、
「駅前にロータリーができたら、便利になるし、なぜ反対するんだ」、
「この桜も寿命だから、いっそのこと切ったほうがいい」、
「再開発で、新しい桜の苗を植えたらどうか」、
中には、脅しのような電話もありました。
それでも本間さんは「仙川のためにこの桜を守ろう」と力説しました。

当時、「行政決定は覆らない」といわれていましたが、2週間で、伐採反対の署名を1万4,000人分も集めました。
調布市は、この事態を重く見て、改めて説明会を開催、住民の熱い声に応えて、市長が伐採撤回を表明しました。

2本ある桜のうち、1本は、その場で保護し、もう1本は、敷地内の別の場所に移植されました。老木のため、移植したら、枯れるのではないか、と心配する声もありましたが、最初の春、わずかに残った枝から花が咲き、住民をほっとさせました。

写真提供 本間紫蘭堂氏IMG_5404(w680)

(写真提供 本間紫蘭堂氏)

この歓びをいつまでも伝えていこうと、平成13年から、毎年4月1日、駅前ロータリーで「夜桜コンサート」を開いています。
今年、第17回を迎えます。
地元の中学、高校、桐朋(とうほう)学園、電気通信大学の演奏や合唱のほか、プロの邦楽家、オペラ歌手が、無償で出演。
また、被災地・福島県飯舘村の復興と、子ども達の交流を目的とした、飯舘中学校のコーラスと、メッセージが紹介されます。
毎年300席はすぐに埋まり、立ち見も出るほどの賑わいです。

写真提供 本間紫蘭堂氏IMG_5403(w680)

(写真提供 本間紫蘭堂氏)

市民だけの手作りコンサートなので、この時期、本間さんは、忙しく準備に追われています。
しかし、もうすぐ80歳、ちょっと足腰が弱ってきたそうです。
「この桜を樹木医に見てもらったら、まだまだ元気で、樹齢100年まで花を咲かせると、太鼓判を押されたからね。だから、私も、この桜に、負けちゃいられないんだよ」

本間紫蘭堂さん、きょうも駅前で、桜をなでながら、「4月1日は、満開に咲き誇ってくれよ」と話しかけています。

「第17回 夜桜コンサート」
4/1(土) 17:00~20:00 ※雨天延期 4/2(日)
仙川駅前特設ステージ(交通広場) 料金無料

2017年3月29日(水) 上柳昌彦 あさぼらけ あけの語りびと より

https://soundcloud.com/shovel_jolf/20170329a

朗読BGM作曲・演奏 森丘ヒロキ

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.