瀬戸内寂聴「今日を生きるための言葉」

寂庵の春とは?【瀬戸内寂聴「今日を生きるための言葉」】第219回

jaku_219_IMG_0535(w680)

庭で鶯(うぐいす)が鳴きました。空気は沈丁花の香に満ち、梅はまだ咲き残り、椿は赤く、山茱萸(さんざし)は花を枝いっぱいにつけて空をささえています。寂庵の春の風景です。

瀬戸内寂聴

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.