大井川鐵道の11時間耐久「長距離鈍行列車ツアー」を体験する(その3)~新金谷駅「汽車べんとう」(1,290円) 【ライター望月の駅弁膝栗毛】

bl160501-1

4/23に静岡県の大井川鐵道で行われた乗車時間およそ11時間の「長距離鈍行列車ツアー」。
新金谷~千頭間を3往復する中、目玉の一つが途中駅の「長時間停車」。
1往復目後半には、地名(じな)駅で「12:28~37」まで9分間の停車がありました。
実はこの間に大井川鐵道名物・SL急行「かわね路」との交換(すれ違い)があるということで、お客さんのほとんどがホームへ・・・。
皆が待ち構える中、坂を登って「C10」形蒸気機関車の8号機に牽引されたSL急行が力強くやってきました!

bl160501-2

C10形蒸気機関車による客車列車と、E10形電気機関車による客車列車同士のすれ違い。
互いに挨拶を交わしながらの交換・・・何となくホッとしますよね。
JRからは3月の「はまなす」の廃止によって、定期の「客車列車」が消滅してしまいました。
それだけに「客車列車」、ましてや「旧型客車」同士のすれ違いなど見られること自体が貴重!
昭和の頃は当たり前だった風景が、今やツアーという「商品価値」のあるモノになっているのです。

bl160501-3

実は今年で、大井川鐵道で「SL」の復活運転が行われるようになって40周年の節目を迎えました。
そもそも、日本(国鉄)における蒸気機関車の列車「さよなら運転」は昭和50(1975)年のこと。
昭和50年12月14日、北海道・室蘭本線の室蘭~岩見沢間を最後のSL定期旅客運行列車が運行。
先頭に立ったのは「C57」形蒸気機関車の「135号」機で、この機関車は今、大宮の「鉄道博物館」に保存されています。
10日後の12月24日、同じ室蘭本線の追分~夕張間をSLさよなら貨物列車が運行され、国鉄からSLが姿を消した訳です。
(参考:安平町ホームページ)
その翌年に「大井川鐵道」ではSLの復活運転を始め、全国におけるSL動態保存の先駆けとなりました。

bl160501-4

そんなSL急行の旅を演出してくれる駅弁といえば「汽車べんとう」(1,290円)。
「大井川鐵道」の駅弁は「東海軒」金谷工場(東海軒大鉄フード)での調製。
この駅弁は新金谷駅前の「ロコ・プラザ」内の売店で購入可能です。
やや大きめの包装には、大井川鐡道にいる「C56」形蒸気機関車の44号機が茶畑の中を走る様子がイラストで・・・。
ちなみにこの機関車、戦時中にタイへ渡り昭和54年に帰還を果たしたという強運の機関車でもあります。

bl160501-5

売店には「SLの定番弁当」というキャッチが付けられ、お店の一番目立つ所に陳列。
「大井川鐵道」における駅弁の看板商品とも言える存在。
茶めしに桜えびなど静岡らしい食材がたっぷり入って、ふたを開けた瞬間から満腹間違いなしのボリューム。
静岡らしさで言えば”静岡の駅弁”に欠かせないのが、何といっても「わさび漬」。
「東海軒」の幕の内系駅弁には「田丸屋」さんのわさび漬が、ほぼもれなく付いて来ると言っても過言ではありません。

bl160501-6

もう1つ、忘れてならないのが「黒はんぺん」のフライ。
「はんぺん」と言えば「白はんぺん」 が普通ですが、静岡で「はんぺん」といえば「黒はんぺん」のこと。
もちろん、私も小さい頃から当たり前にいただいてきた味で、サバやイワシなどが原材料となっています。
最近は煮込んだ「静岡おでん」の具としても有名ですが、我が家の家庭の味では「焼き」が記憶に残っています。
お店から買ってきた時は生(ゆで)でいただくことが多いですが、時間が経って火を通して食べようとなった時の「焼き」が醤油と合うんですよね。

bl160501-7

さて、駅弁のお供にはどんな飲み物がいいのか?
定番といえば、やっぱり「お茶」!
日本を代表する茶どころの一つですから、お茶を飲まないというのはあり得ません!
しかも、今の時期は「新茶」のシーズンですので「ロコ・プラザ」にも地元のお茶屋さんが入って試飲が出来たりします。
新茶って、あの独特の苦みがいいんですよね。

bl160501-8

一方、新金谷駅前には5年ほど前から少しお洒落なカフェ「This Is Cafe」が出来ています。
ココの目玉は何といっても「SLラテ」。
このお店自体は静岡県内に数店舗あるようですが「SLラテ」は新金谷のお店限定なんだそう。
カウンター脇には新金谷駅のジオラマをはじめ「ラテ」を写真で撮影できるポイントが設けられているのも有難いところ。
16:30ラストオーダーで17:00まで営業とのことで、今回は「長距離鈍行列車ツアー」の列車が1往復後、2往復目が発車する13:18~39まで「21分」の停車時間にお邪魔しました。

bl160501-9

一方、ご当地ソフトドリンクといえば、千頭駅前の土産物店などで販売されている「ゆずジュース」。
千頭駅のある「川根本町」は「ゆず」が静岡県内一の生産を誇る特産品。
2年前には静岡県が全国・海外に誇る農林水産物ブランド「しずおか食セレクション」に認定されたといいます。
酸味が効いた素朴な味わいで「長距離鈍行列車ツアー」でなまった体が程よくシャキッとなりました。

bl160501-10

やっぱり一杯・・・という人には、3年ほど前から販売されている「大井川鐵道ビール」。
大麦麦芽を100%使用、麦の香りと味わいを楽しめるラガータイプの地ビールです。
高級アロマホップをぜいたくに使って、絶妙のタイミングで投入することによって、ほどよい苦味を引き出したそう。
噴煙を上げて走るSLのラベルが貼られた瓶を、旧型客車の「センヌキ」を使っていただくのが一番いいかも。
大井川鐡道の主要駅売店などで冷えた瓶、常温の土産用、両方が販売されていました。

bl160501-11

新金谷13:39に発車した「長距離鈍行列車ツアー」の2往復目。
駿河徳山では14:45~15:04まで19分停車して、今度は上りの「SL急行」と交換(すれ違い)。
40周年を迎える「大井川鐵道」のSLは、基本的に「毎日」運行しているのが素晴らしいところ。
加えて、近年は「きかんしゃトーマス」とのコラボレーションも大人気。
大井川鐵道・広報の山本さんは「若い世代がトーマスきっかけで、黒い機関車を知ってもらえたら・・・」と話しています。

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!
「ライター望月の駅弁膝栗毛」
(取材・文:望月崇史)

【ごあいさつ】
はじめまして、放送作家の望月崇史(もちづき・たかふみ)と申します。
ニッポン放送には、昔の有楽町の社屋の頃から、かれこれ20年お世話になっています。
最近では、月~木・深夜24時からの「ミュ~コミ+プラス」で放送された、
ルートハンター」のコーナーに、5年ほど出演させていただきました。

そんな私がライフワークとしているのが「駅弁」の食べ歩き。
1年間に食べる「駅弁」の数は多い年でのべ500個。
通算でも4500個を超えているものと思います。
きっかけとなったのも、実はニッポン放送の番組。
2002年~05年に放送された「井筒和幸の土曜ニュースアドベンチャー」の
番組ウェブサイトで「ライター望月の駅弁膝栗毛」を連載することになり、
本格的に「全国の駅弁をひたすら食べまくる生活」に入りました。
以来、私自身のサイトや、近年は「ライター望月の駅弁いい気分」というブログで
「1日1駅弁」を基本に「駅弁」の紹介を続けています。
”駅弁生活15年目”、縁あってニッポン放送のサイトで連載させていただくことになりました。
3つの原則で「駅弁」の紹介をしていきたいと思います。

①1日1駅弁
②駅弁は現地購入
③駅弁のある「旅」も紹介

「1日1駅弁」ですので、日によって情報の濃淡はありますが、
出来るだけ旬の駅弁と鉄道旅の魅力をアップしていきますので、
ゆるりとお付き合い下さい。

【プロフィール】

望月崇史(もちづき・たかふみ)望月

1975年12月8日静岡県生まれ。
早稲田大学在学中から、ニッポン放送で放送作家に。
卒業後の2002年「井筒和幸の土曜ニュースアドベンチャー」の番組サイトで始めた
ライター望月の駅弁膝栗毛」をきっかけに、全国の駅弁食べ歩きをスタート。
以来およそ15年、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。
1日1駅弁のウェブ紹介を日課とし、これまでに食べた駅弁は4500個以上。
ニッポン放送「ミュ~コミ・プラス」ルートハンター、鉄道特番などにも出演。
丸の内朝大学・温泉クラスの講師も務める。