大井川鐵道の11時間耐久「長距離鈍行列車ツアー」を体験する(その2)~千頭駅・大鉄商事「天ぷらそば」(470円) 【ライター望月の駅弁膝栗毛】

bl160430-1

4月23日(土)に開催された静岡県・大井川鐵道の「長距離鈍行列車ツアー」。
新金谷~千頭間を電気機関車けん引の旧型客車で3往復、合計223キロあまり、およそ11時間を乗り通すツアーです。
朝9:48に新金谷を発車した1往復目の列車は、大井川本線の終点・千頭に11:14に到着。
千頭で機関車を最後尾に付け替えて新金谷へ戻るのですが、作業自体は10分もあれば終了。
でも、千頭の発車は11:55ということで「41分」も停車、長距離鈍行列車の名物、いわゆる「ドカ停」ですね。

bl160430-2

停車時間が長いと意味もなく改札を出て、駅の周りをブラブラしてみたり・・・。
この日は15:17、18:51と、あと2回もココへやってくるのです。

bl160430-3

時間があると、どうも腹が減って・・・ココへ来るまでに「駅弁」を食べているんですが。
千頭駅には大鉄商事の立食いそば屋さんがあります。
営業時間は14:50までと聞いて、次に来る時は開いていないことが判明。
早速「天ぷらそば」を注文することに相成りました。
構内に「だし」の匂いが漂う駅っていいですよね!

bl160430-4

青ネギに濃いめのつゆは、静岡エリアの駅そばの定番!
七味をパラパラっとふりかけ、ズルズル~っと音を立てていただきます。
何より「長距離鈍行の停車中に駅そばを味わう」という行為が旅情を誘うんですよね。
店じまいが意外に早いことを知った皆さんが、続々と詰めかけて盛況。
このほか職員の皆さんや、駅周辺の人、クルマ・バイク移動の人も立ち寄る様子が見受けられ、地域に根付いている様子が伺えました。

bl160430-5

さあ、再び車内へ戻ります。
長距離鈍行列車ツアー」の専用列車は自由席ですので、今度は「オハ35 22」に移ってきました。
オハ35をはじめとする「35系客車」は国鉄旧型客車のスタンダードとも言われます。
昭和14(1939)年から昭和23(1948)年まで1301両が製造され、大井川鐵道には合計8両の35系客車が在籍。
あめ色のニスが塗られた木製の内装、戦後製の車両よりシートなどが一回り小さいのも時代ですよね。

bl160430-6

発車前、車内を巡回していた車掌さんがいたので付いて行ってみると・・・!?
機関士さんとこれからの運行の打ち合わせでした。
職人さんの手によって支えられている「大井川鐵道」の客車列車です。
最近はどの路線でも、ワンマン運転の電車、気動車が多いもの。
それだけに多くの人が1本の列車の運行にかかわっている様子が頼もしく感じます。

bl160430-7

長距離鈍行列車ツアー」の客車列車は11:55に、定刻通り千頭を発車。
特別に許可をいただいて、車掌さんのアナウンスに密着することに・・・。
国鉄時代に使われていた車内放送のスイッチを入れると「ハイケンスのセレナーデ」が・・・。
最近は「北斗星」「はまなす」などでも流れていたあのチャイムです。
この装置から、あのメロディが流れてくるんですね。

bl160430-8

普段の声よりいく分低めの声で、ゆっくりとアナウンス。
観光列車やツアー列車ですと、盛り上げようと「エンターテイメント」な車内放送をする車掌さんもいます。
でも、このツアーでは、昔の客車列車を再現すべく、抑制のきいた内容になっていたのが印象的。
もてなし過ぎない「観光列車(ツアー列車)」というのもアリですよね。
コチラの車掌さんも1日にわたって、ツアー列車に乗務されていました。

bl160430-9

大井川の川面に映る水鏡を眺めながら1往復目の後半へ。
いよいよ「大井川鐵道」名物の、あの列車とすれ違います。

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!
「ライター望月の駅弁膝栗毛」
(取材・文:望月崇史)

【ごあいさつ】
はじめまして、放送作家の望月崇史(もちづき・たかふみ)と申します。
ニッポン放送には、昔の有楽町の社屋の頃から、かれこれ20年お世話になっています。
最近では、月~木・深夜24時からの「ミュ~コミ+プラス」で放送された、
ルートハンター」のコーナーに、5年ほど出演させていただきました。

そんな私がライフワークとしているのが「駅弁」の食べ歩き。
1年間に食べる「駅弁」の数は多い年でのべ500個。
通算でも4500個を超えているものと思います。
きっかけとなったのも、実はニッポン放送の番組。
2002年~05年に放送された「井筒和幸の土曜ニュースアドベンチャー」の
番組ウェブサイトで「ライター望月の駅弁膝栗毛」を連載することになり、
本格的に「全国の駅弁をひたすら食べまくる生活」に入りました。
以来、私自身のサイトや、近年は「ライター望月の駅弁いい気分」というブログで
「1日1駅弁」を基本に「駅弁」の紹介を続けています。
”駅弁生活15年目”、縁あってニッポン放送のサイトで連載させていただくことになりました。
3つの原則で「駅弁」の紹介をしていきたいと思います。

①1日1駅弁
②駅弁は現地購入
③駅弁のある「旅」も紹介

「1日1駅弁」ですので、日によって情報の濃淡はありますが、
出来るだけ旬の駅弁と鉄道旅の魅力をアップしていきますので、
ゆるりとお付き合い下さい。

【プロフィール】

望月崇史(もちづき・たかふみ)望月

1975年12月8日静岡県生まれ。
早稲田大学在学中から、ニッポン放送で放送作家に。
卒業後の2002年「井筒和幸の土曜ニュースアドベンチャー」の番組サイトで始めた
ライター望月の駅弁膝栗毛」をきっかけに、全国の駅弁食べ歩きをスタート。
以来およそ15年、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。
1日1駅弁のウェブ紹介を日課とし、これまでに食べた駅弁は4500個以上。
ニッポン放送「ミュ~コミ・プラス」ルートハンター、鉄道特番などにも出演。
丸の内朝大学・温泉クラスの講師も務める。