ひろたみゆ紀・空を仰いで

2020年まであと3年!このアイスリンクから一年の始まりを滑り出してみませんか?【ひろたみゆ紀・空を仰いで】

今年も都会の真ん中に、冬の風物詩が登場しました。
六本木・東京ミッドタウンの屋外アイススケートリンク『三井不動産アイスリンク for TOKYO 2020』です。
今回で8回目を迎えます。都内最大級・最大200人が収容できるリンクで、去年はなんと約4万人の方が氷上で楽しい時間を過ごしました。

TOKYO2020全体(w680)

お子様連れのご家族、カップル、友達同士はもちろん、近くのオフィスで働く方々がランチタイムにスケートを楽しむこともあるんだそうです!さすが六本木。オフィスライフもエンジョイ型です。

スケートリンクは、11時からオープンしますが、午後5時~10時までは、ナイトスケート!白とブルーを基調にしたおしゃれなイルミネーションの中で滑れるんです。
しかも、ライトアップされた東京タワーまで見えます。綺麗ですよ~。本当に東京のど真ん中のスケートリンクなんだと実感できます。
それなのにカッカッ、シャーッと本物の氷の上を滑る音が響いて不思議な感じです。

夜間入口(w680)

イルミネーション(w680)

リンクで、とっても可愛いペンギンや雪だるまの人形と一緒に滑っている子ども達がいたのですが、初心者用の押して滑るソリなんだそうです。
乗ることはできませんが、これならスケートができなくても安心してリンクに繰り出すことができます。
20分500円で貸し出してくれます。

また、貸し出しと言えば、5~10歳のお子さんにカラフルなパニエ(チュール素材のふんわりしたミニスカート)もあるんです。パニエをまとって、本物の氷の質感を楽しみながら軽やかに滑るフィギュアスケーターの気分が味わえますよ。
ヘルメットは無料で貸し出しています。

スケートをしたことがない、ちょっと苦手という方も安心して下さい。
毎週火・水・木曜日には、500円でちょっとしたアドバイスが受けられる「ワンコインレッスン」も開催されます。

足が疲れたり、寒くなったら、スケート靴を履いたまま利用できる屋根付き・暖房完備の休憩スペースへどうぞ。無料で利用できます。温かい飲み物でホッと一息ついて下さいね。

TOKYO2020(w680)

この『三井不動産アイスリンク for TOKYO 2020』は、東京2020参画プログラムです。3年後のオリンピック・パラリンピックに向け、文化芸術の力で地域を活性化し、若者の参画を促し、創造性を育むことで、大会後の未来に日本や世界の文化を継承して行くことを目指しています。

スポーツには人々の心身を健康にするだけでなく、住む人・働く人・憩う人の新しいつながりを生み出しコミュニティを活性化する力があります。
沢山の老若男女の笑顔が集うこのアイスリンクから新しい何かが始まるかもしれません。さあ、一年の始まり!あなたもここから快調に滑り出してみませんか?

三井不動産アイスリンク for TOKYO 2020』は、3/5(日)まで。

TOKYO2020入口1(w680)

『三井不動産アイスリンク for TOKYO 2020』
会場 東京ミッドタウン 芝生広場 特設リンク
日時 2017年1月5日(木)~3月5日(日)11:00~22:00まで(受付21:00まで)

レポート:ひろたみゆ紀

ひろたみゆ紀,空を仰いで

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.