世界一速い鳥をご存知ですか?【鈴木杏樹のいってらっしゃい】

ギネスブックには『世界一速い鳥』として『ハヤブサ』と『ハリオアマツバメ』の2つが載っているそうです。
『ハヤブサ』の場合、『急降下で最も速い鳥』
『ハリオアマツバメ』の場合、『水平飛行で最も速い鳥』というそれぞれ別のジャンルで、世界一になっているそうです。

『急降下で最も速い鳥・ハヤブサ』の場合、ギネスブックでは“時速300キロ”で登録されているそうですがロシアでの実験では時速360キロ、ドイツでの実験では時速350キロという記録が計測されているそうです。
これは体重が1キロにも満たないハヤブサが、両方の翼を折りたたんで、尾っぽの部分の羽も閉じた状態で、まさに“ロケットのような姿勢”で急降下した時、この凄いスピードが出たそうです。

それに対して『水平飛行で最も速い鳥・ハリオアマツバメ』の場合、ギネスブックの記録では時速170キロです。
この『ハリオアマツバメ』ですが、体の大きさは20センチ程で翼を広げると50cmにもなるそうです。名前に“ツバメ”と付いていて、見た目にも似ているのでツバメの仲間なのかな?と思われるかも知れませんが、『アマツバメ科』に属します。
それに対してツバメは、スズメの仲間で『ツバメ科』に属しますので生物学上では関係は遠いそうです。

ギネスブックには『世界一遅く飛ぶ鳥』というのも記録されていて、『アメリカヤマシギ』という鳥は、失速することなく時速8キロで飛ぶことが出来るそうです。

(2017/1/5放送分より)

radiko_time_0113

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
ニッポン放送 (月)~(金) 朝7:37から(「高嶋ひでたけのあさラジ!」内)
※ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。