シリーズ「駅弁屋さんの厨房ですよ!」(vol.1・祇園インタビュー編)~伊東駅「とりめし弁当」(780円) 【ライター望月の駅弁膝栗毛】

bl160423-1

伊東駅に入ってきたのは、伊豆急行線からJR伊東線へ直通する「リゾート21」の熱海行。
19851年デビューで、前面の展望席はもちろん、海側は大きな窓で海向きの座席、山側はボックスシートの非対称な作り。
そんな列車が30年以上前から、乗車券だけで乗れる「普通列車」として、伊豆の東海岸を走っています。
全国で流行りの観光列車の先駆けと言ってもいい存在が、この「リゾート21」。
最近は伊豆急行線伝統のハワイアンカラーをまとった「リゾートドルフィン」として走っている編成もあります。

bl160423-2

南国らしい雰囲気が漂う伊東駅は、昭和13年の開業時に作られた開放的な駅舎が今も健在です。
駅前には、伊東市内で今日(4/24)まで開催の「フジサンケイレディスクラシック」のお客さんを歓迎するボードも・・・。
私自身、5年ほど女子ゴルフ観戦を続けていた時期があるのですが、実はゴルフトーナメントと駅弁の相性は抜群なのです。
毎週開催地が変わるため、追いかけていくだけで違うエリアの駅弁を食べることが出来たり、ギャラリープラザでご当地の駅弁が販売されることも。
ゴルフのほか野球場やサッカーのスタジアムなどで駅弁に出逢えることもあり、スポーツと駅弁は意外な接点があるように感じています。
そんな東伊豆を代表する街・伊東で駅弁を販売する「祇園」。
代表取締役の守谷匡司さんに「祇園」の歴史から駅弁づくりのこだわりなどを伺いました。

bl160423-3

望月:伊東の名物駅弁「いなり寿し」はどうして生まれたんですか?

守谷:創業者の親の実家が、静岡市内の稲荷神社でして、その実家から助言があったんです。
「(お店を開くなら)稲荷神社ゆかりのいなり寿しをやってみたら?」って。
それが今年でちょうど70年、1946(昭和21)年のことになります。

望月:ただ、お父様(創業者)は、東京・浅草なんですよね?

守谷:浅草で「弁士」をやっていました。
当時は映画に音が付いていなかったので、スクリーンの横でそのストーリーを話していたわけです。
ただ、技術が進んで映画に音が付くようになると「弁士」の仕事はだんだん無くなってしまった・・・。
そんな時、伊豆に住んでいた作家の尾崎士郎さん(1898~1964)に誘われて、伊東にやって来てこの街が気に入り住むようになったんです。

望月:でも「弁士」から「駅弁」って・・・「弁」の文字は同じですが、普通繋がんないですよね?

守谷:そうですよね。
駅弁屋さんは元々、宿場町の宿や料亭をやっていたり、売店だった所が多いんですが、ウチは全くの畑違いからなんです。
しかも、創業した時は「いなり寿し」の専門店だったんです。

望月:そこから「駅弁」を始めるようになったのはなぜですか?

守谷:伊東駅が開業20年を迎えた昭和30年代、当時の国鉄が構内営業を出来るお店を探していたんです。
それでいくつかお店が手を挙げた中から、1959(昭和34)年からウチ(祇園)が営業を認められました。
なので、伊東での最初の駅弁は「いなり寿し」なんです。

bl160423-4

望月:じゃあ、いわゆる普通弁当(幕の内弁当)は、後からなんですね。

守谷:実は「幕の内弁当」は1966(昭和41)年からなので、今年(2016年)で50周年なんです。

望月:「いなり寿し」を作る上でのこだわりはありますか?

守谷:昔から愛されている味なので、それをレシピ通り、忠実に受け継いでいるところだと思います。
当時から「いいもの」を提供しようということでやっているので。
だから「いいお米」と「いいお揚げ」を毎日毎日煮込んでやっています。

望月:伊東の「繁忙期」って、いつなんですか?

守谷:一番は8月、あとは3月・・・ちょうど春休みと夏休みですね。
そういった時期は、ホントに全国からお客さんが「いなり寿し」を買いにいらっしゃいます。
最近は、台湾からのお客さんも増えてきました。

望月:あと、伊東は「水」がとてもいいそうですね。

守谷:伊東は火山の街なので、とてもいい水が出ます。
伊東市の水道も、普段はほぼ100%、湧水か井戸水なんです。
その水をそのまま、お米を炊くにも揚げを煮るにも使っています。
会社のもう目の前の山が水源地なんですよ。
だからココは、火山の湧き水なんです。
それもウチの駅弁を美味しく提供できる理由の1つだと思います。

望月:こんなに水に恵まれた駅弁屋さんって、そうそうないですよね?
日本トップクラスじゃないですか?

守谷氏:そうですね。
強いて挙げれば、水に恵まれている駅弁屋さんは小淵沢の「丸政」さんですかね。
(小淵沢は山梨県の南アルプス、八ヶ岳の麓にある)

望月:「いなり寿し」の駅弁って各地にあると思うんですけど、「祇園」の「いなり寿し」って、口にした時「ジュワッと」した食感が全然違うんですよ。
あの食感が出るのも、きっといい水で煮汁を作っているのもあるんでしょうね。

bl160423-5

守谷:だから、伊東の中でも一番良質な温泉が出るのも「祇園」のある地域なんですよ。
地下の深いところまでしみ込んだ水は「温泉」になって、浅い所は「湧水」で出てくる。
しかも、伊東温泉の湯量は、全国トップクラスなんです。
あまりに湯量が多すぎて、湯温が高くなりきれなくて、高くなっても60℃くらい。
低い所は30℃台なんて所もあるんですが、その分、温泉としては使いやすいですよね。

望月:そんな温泉に恵まれた「伊東」ですが、温泉街の皆さんにとっても「いなり寿し」は無くてはならない存在なんですよね?

守谷:ウチがやっていけるのも、地元のお客様に支えられている所が一番大きいですね。
伊東の人が、近隣の所へ出かける時に「お土産」として持っていって下さるんです。
あと、伊東市外の人も、伊東に用事があって来た時に、買っていっていただけるんです。
お陰さまで、伊東だけでなく伊豆、静岡東部の人には利用していただいています。

望月:まさに「伊豆名物」と掛け紙にありますが、ソウルフードと言ってもいいくらいですね。
70年の歴史があると、もう2世代、3世代目に入っていますもんね。

守谷:伊東の若い人が東京などへ出ていって、時々、親が様子を見に行く時は「祇園のお弁当、買って来て!」と頼まれることも多いそうです。
で、里帰りした時は、ウチに寄ってくれたり・・・。

望月:「ライター望月の駅弁膝栗毛」では「列車に乗って駅弁を食べよう」というのを1つのコンセプトに駅弁を紹介しているんですが、「祇園」おすすめの「駅弁を美味しく食べられる車窓」ってありますか?

bl160423-6

守谷:伊東から湘南にかけては、山側を見ればみかん畑が広がり、海側を見れば相模湾が広がります。
景色にはとても恵まれた場所にウチのお弁当があると思います。

望月:じゃあ東京方面へ帰る時、伊東で弁当を買って、熱海過ぎた辺りでとじ紐解いて、根府川の辺りですかね!?

守谷:特に東海道線の普通列車とか快速「アクティー」がいいですよね。
伊東の人でもいるんですよ、出張する時に東海道線の鈍行とかアクティーのグリーン車に乗って、そこでウチの弁当食べるのが「出張の楽しみ」って人が・・・。
もちろん「踊り子」でもいいんですけど。

bl160423-7

望月:伊東名物・杉山製茶の「ぐり茶」のティーバックが入った「ポリ茶瓶」で、お茶買ってく人も多いですよね?
あれもこだわりの一つですか?

守谷:駅弁というのは、お腹を満たすだけじゃなくて「旅の楽しみ」という要素があると思うんです。
「旅の楽しみ」を提供している会社としては、昔からの「ポリ茶瓶」を残しておくのもいいんじゃないかと。
今、「ポリ茶瓶」を作ってる会社も、全国で2~3か所しかないらしいですが・・・。
あと、伊東のお茶屋さんが「ティーバッグ」を始めたのも、実はウチが茶瓶で販売するので「作ってください」と頼んだのがきっかけなんです。

望月:ということは、駅弁あっての「ティーバッグ」なんですね!
さあ、これからゴールデンウィークですが、やっぱり伊豆に来たら、食べていって欲しいですよね?

守谷:(私が言うのもなんですが)旅の途中で「地元の人に愛されてる食べ物」を食べていって欲しいなぁという気持ちがあるので、機会があればぜひ・・・。
今はクルマで来ても「道の駅伊東マリンタウン」で売ってますので・・・。

望月:今日はお時間をいただき、ありがとうございました!

bl160423-8

駅弁は「お腹を満たすだけでなく心を満たすもの」という思いで、1つ1つ手作りで駅弁を手がけている伊東駅弁の「祇園」。
その思いは、駅弁のとじ紐にも現れていて、掛け紙の柄に合わせて、最も映える色のものを使い分けています。
しかも、ひもの太さも弁当によって、最もバランスのいいものに変えているというんです。
また、伊東市内の冠婚葬祭向けの弁当を担っていることもあり、お客さんのニーズに応じて包装も変えているとのこと。
最近は紐でとじる折詰の駅弁も少なくなる傾向にありますが、このこだわりは絶対に守り続けてほしい!

bl160423-9

今回は「いなり寿し」以外の駅弁では、望月のお気に入り「とりめし弁当」(780円)もご紹介!
伊豆半島の地図が描かれた掛け紙のセンターにはゴルファーの姿が・・・。
フジサンケイレディスクラシック」の観戦帰りにもいいかもしれません。
ただ、結構人気なので、昼前に売り切れちゃうことも多いんですよね。
右上には、懐かしい「0系」新幹線の絵も見ることが出来ました。

bl160423-10

「祇園」の「とりめし弁当」がすごいのは、鶏そぼろを一切使っていないところ。
無骨なまでの鶏の照焼き・3個と、出汁の効いたご飯だけで勝負。
コレ、鶏の素材に自信がないと絶対できない真似だと思うんですよね。
しかも、経木の折詰にべっとりご飯が付いて、水分を吸ってくれるのもたまらないところ。
このシンプルすぎる構成が、一度食べたらやめられないのです。

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!
「ライター望月の駅弁膝栗毛」
(取材・文:望月崇史)

【ごあいさつ】
はじめまして、放送作家の望月崇史(もちづき・たかふみ)と申します。
ニッポン放送には、昔の有楽町の社屋の頃から、かれこれ20年お世話になっています。
最近では、月~木・深夜24時からの「ミュ~コミ+プラス」で放送された、
ルートハンター」のコーナーに、5年ほど出演させていただきました。

そんな私がライフワークとしているのが「駅弁」の食べ歩き。
1年間に食べる「駅弁」の数は多い年でのべ500個。
通算でも4500個を超えているものと思います。
きっかけとなったのも、実はニッポン放送の番組。
2002年~05年に放送された「井筒和幸の土曜ニュースアドベンチャー」の
番組ウェブサイトで「ライター望月の駅弁膝栗毛」を連載することになり、
本格的に「全国の駅弁をひたすら食べまくる生活」に入りました。
以来、私自身のサイトや、近年は「ライター望月の駅弁いい気分」というブログで
「1日1駅弁」を基本に「駅弁」の紹介を続けています。
”駅弁生活15年目”、縁あってニッポン放送のサイトで連載させていただくことになりました。
3つの原則で「駅弁」の紹介をしていきたいと思います。

①1日1駅弁
②駅弁は現地購入
③駅弁のある「旅」も紹介

「1日1駅弁」ですので、日によって情報の濃淡はありますが、
出来るだけ旬の駅弁と鉄道旅の魅力をアップしていきますので、
ゆるりとお付き合い下さい。

【プロフィール】

望月崇史(もちづき・たかふみ)望月

1975年12月8日静岡県生まれ。
早稲田大学在学中から、ニッポン放送で放送作家に。
卒業後の2002年「井筒和幸の土曜ニュースアドベンチャー」の番組サイトで始めた
ライター望月の駅弁膝栗毛」をきっかけに、全国の駅弁食べ歩きをスタート。
以来およそ15年、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。
1日1駅弁のウェブ紹介を日課とし、これまでに食べた駅弁は4500個以上。
ニッポン放送「ミュ~コミ・プラス」ルートハンター、鉄道特番などにも出演。
丸の内朝大学・温泉クラスの講師も務める。