瀬戸内寂聴「今日を生きるための言葉」

死ぬとき見える世界は?【瀬戸内寂聴「今日を生きるための言葉」】第133回

jaku_133_IMG_0369(w680)

末期(まつご)の目、ということばがあります。
人間が死ぬと決まったときの目に映る世界は
どんなにか美しく、愛しいものでしょう。
あらゆる、ものというものが、
ひときわ光彩を放って映ることでしょう。
お釈迦さまは死の近づいたころ、
「この世は美しい、人の心は甘美なものだ」
とおっしゃいました。

瀬戸内寂聴

撮影:斉藤ユーリ


出典:『生きる言葉 あなたへ』光文社文庫

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.