元巨人・鈴木尚広さん「原監督の言葉がなければこの20年はなかった」~ニッポン放送ショウアップナイターカンファレンス

「ニッポン放送ショウアップナイターカンファレンス」が12/12(月)都内で行われ、今季活躍した選手や解説者の方々が続々と登場。今季を振り返るとともに、来季のプロ野球を展望しました。

まず登場したのは、読売ジャイアンツの阿部慎之助選手。

LF16043-045

阿部慎之助選手

今シーズンを振り返って阿部選手は、「意気込みすぎてズッコケちゃいました。なんとかって思いあったが、僕らが上手く機能しなかったですね。」と語りました。
優勝か負けかで、オフの過ごし方に違いあるかと聞かれると、「全然違いますね。優勝したらよくがんばったねと言われるけど、負けだとまた来年だねとしか言われない。気持ちはありがたいけど、よかったねって言われる方がいいんで、また頑張ろうかと。」とのこと。

来季に向けての意気込みとしては、「チームが一丸となって優勝を目指したい。やっぱり巨人が勝たないとダメという人も多いので、全員がいい成績で完全優勝できればと思います。」と熱く語りました。また、ショウアップナイターで解説したときのことを聞かれた阿部選手は、「解説は難しかったけど、なかなかできないことなので勉強になりました。でも今は球場で頑張りたい。」と答えていました。

次に登場したのは、元読売ジャイアンツの鈴木尚広さん。

LF16043-137

鈴木尚広さん

今はスーツが普段着ですと語る鈴木さん。そんな鈴木さんの現役生活20年について阿部選手は、「20年間という現役生活。ストイックな彼から学ぶことありましたし、名残惜しいと思われて引退するのは、彼の美学だと思います。本当にご苦労様でしたと言いたいです。」と答え、熱い視線を向けていました。

そんな阿部選手に対して、鈴木さんは、「チームの顔として先頭を切って活躍してた彼を見ると、同級生とは思えない。彼がホームラン打つたび、すげーなと憧れる。勝負強さ、キャプテン心、ハートの強さ、僕にないものをたくさん持ってる人なので、これからチームのためにも頑張って、今度こそ優勝に導いてほしいと思う」と賞賛の言葉を述べました。

さらに、鈴木さん自身も、自らが歩んできた20年に触れ、「好きで入った球界でしたが、入った当初は、キャンプで大きな選手を間近にしたときは、ほんとにやっていけるのかと。不安でしょうがなかった。でも積み重ねてきたものが、この20年になったかと思います。」と。

さらに、ある方が言ってくれた言葉が人生を大きく変えたそうで、「2002年頃、原監督とトイレで一緒になりまして。そのとき、「お前の足は信頼してるから、一生懸命やってくれ」と言われたんです。その言葉ですごく信頼を感じて。その言葉がなければ突き動かなかった。その言葉がなければこの20年はなかったですね。」と感慨深く語りました。

最後に、引退を惜しむ師岡アナから、本当にもう引退なんですか?と改めて尋ねられ、「結果を残し続けるのは本当に大変だと改めて感じました。でも将来は球界に戻ってきて、お役に立ちたいですね。」と話していました。

続いて登壇したのは、ショウアップナイター解説者・野村弘樹さんと、前中日ドラゴンズ監督・谷繁元信さん。

LF16043-238

、ショウアップナイター解説者・野村弘樹さん(右)、前中日ドラゴンズ監督・谷繁元信さん(左)

まず、今年の広島カープの強さに触れた野村さんは、「夏以降ぶっちぎりましたから。カープの投打、神ってると言われるぐらいだから、強さ際立ちましたよね。みんな期待してましたが、それ以上にカープ強かった。前田健太が抜けての優勝ですからそれぐらいすごかった。」と大絶賛。

ちなみに来年は?と、早くも来季の優勝も予想してましたが、「ジャイアンツ強そう。あれだけ補強してるから。強いでしょうね。今年も2位にはきてるし強い。来年のセントラルは面白いと思いますよ。」と、解説者ならではの視点で話してくれました。

そんな解説者である野村さんを見て、谷繁さんは、「話術が上達してるなと(笑)少しだけ見習うことがあるなと思います。」と、やや棘のあるコメント。来季からショウアップナイターの解説者となることが決定している谷繁さん。

解説のお仕事についてのイメージはどんなものか聞かれると、「選手として話すのとは違ってくる、変わってくると思う。選手のときには遠慮しなくてよかったけど、解説者としてはしっかり伝えていかないと。」と話していました。

さらに、野村さんと2人でのダブル解説もありえるかと聞かれると、こんな答えが・・・
「僕はあんまりやりたくないですね。真面目にやりたいので(笑)」
後輩の毒舌に、心外そうな顔で笑みを浮かべる野村さん。普段から仲のいい2人ならではの掛け合いを見せてくれました。

最後に、改めてショウアップナイターの新しい解説者としての意気込みを聞かれた谷繁さんは、「27年選手としてやってきた中での野球観で解説していきたい。解説者として見る野球では、また違うものが見えてくるかもしれないので、そういうことも上手く伝えていきたいです。」と語っていました。

様々な選手の活躍により、大盛り上がりで終りを迎えた今シーズン。2017年のニッポン放送ショウアップナイターをどうぞよろしくお願いします!

LF16043-343

(文:しゃベル編集部:シオンJr)

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.