Jリーグ年間王者がついに決定!浦和レッズはホームで10年ぶりの悲願達成か?

2016年、Jリーグチャンピオンシップの決勝第1戦がカシマスタジアムで行われ、準決勝で川崎フロンターレを破った年間3位の鹿島アントラーズと、年間勝ち点1位で決勝シードに進んだ浦和レッズが対戦。試合は後半12分、キャプテン阿部勇樹のPKで浦和が先制。そのまま1-0で逃げ切り、浦和はレッズはアウェーで先勝。浦和レッズは006年以来の10年ぶりとなるリーグ制覇に王手をかけました。

2016年チャンピオンシップの決勝の大会方式は、ホームアンドアウェーの2試合制。90分で勝敗が決しない場合は引き分け。2試合が終了した時点で、勝利数が多いチームが年間王者となる。2試合終了した時点で勝利数が同じ場合は、

・2試合の得失点差
・2試合におけるアウェーゴール数
・年間1位チーム

の順で決定されます。

第1戦は浦和がアウェーで1対0で勝ったため、次戦は1失点負けでも浦和の優勝。過去のデータでは、CSの決勝で初戦を制したチームの年間V確率は100%となっています。決勝第2戦は12月3日(土)夜7時30分から、浦和のホーム・埼玉スタジアムで開催。

 

jリーグ_チャンピオンシップ20161203_しゃべる

ニッポン放送では、このチャンピオンシップ決勝第2戦を実況中継!どこにいてもFM93がクリアに聴こえる埼玉スタジアムから、サッカーコメンテーター・元日本代表 三浦淳寛さん、ゲストコメンテーター・ニッポン放送「日曜のへそ」でもおなじみ、土田晃之さん、サッカーパーソナリティ・ニッポン放送 清水久嗣アナウンサーでお送りします!
浦和の悲願の優勝か?!鹿島のどんでん返しか?!
12月3日(土)夜7時30分からのJ1最終決戦をお聴き逃がしなく!

決勝第2戦は「浦和レッズ×鹿島アントラーズ」を12/3(土)19:30(夜7時30分)からお送りします。

サッカーコメンテーター,元日本代表三浦淳寛,ゲストコメンテーター,土田晃之

サッカーコメンテーター元日本代表三浦淳寛、ゲストコメンテーター土田晃之

 

そして翌日4(日)15:35(午後3時35分)キックオフ、J1昇格プレーオフも実況中継。
「ニッポン放送サッカースペシャル JリーグラジオJ1昇格プレーオフ決勝 セレッソ大坂対ファジアーノ岡山」

20161204_jリーグ_しゃべる

残り1枠に入りこむのは、セレッソ大阪か?!ファジアーノ岡山か?!
J2のセレッソ大阪が2014年以来のJ1返り咲きを懸け、12月4日(日)午後3時35分キックオフのJ1昇格プレーオフ決勝に2年連続で望む。相手は、準決勝で後半アディショナルタイムに劇的ゴールで勝利を手にした、初昇格を目指すファジアーノ岡山。

決勝は90分間の試合を行い、引き分けの場合は、年間順位上位のクラブを勝者とします。セレッソ大阪は年間勝ち点4位。ファジアーノ岡山は年間順位6位で、セレッソ大阪が優位に立つ。

ニッポン放送では、「ニッポン放送サッカースペシャル Jリーグラジオ J1昇格プレーオフ決勝セレッソ大阪対ファジアーノ岡山」(12月4日(日)午後3時35分キックオフ)を、サッカーコメンテーター・スポーツライターの金子達仁さん、サッカーパーソナリティ・ニッポン放送 煙山光紀アナウンサーで、現地の大阪・キンチョウスタジアムから実況中継!

J1昇格か。J2のままなのか?まさに天国と地獄。
J1昇格の歓喜の瞬間を、ニッポン放送でお楽しみ下さい!

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.