11/3(木・祝)13:00~14:00 父と娘と音楽と~素顔の久石譲~

風の谷のナウシカ以降、宮崎駿監督の全作品の音楽を担当し、「HANABI」「おくりびと」ほか数々の映画音楽も手がけてきた久石譲。
近年はクラックの指揮者として国内外で活動するほか、最先端の現代の音楽を紹介するコンサートを開催するなど意欲的に活動している。
そんな久石が65歳の新しい挑戦として、今年5月に故郷、長野県に開館する長野市芸術館の監督に就任する。

久石譲,麻衣

一方、4歳でナウシカ劇中歌「レクイエム」(「ラン・ランララ・ランランラン…」)を歌った久石譲の長女で歌手の麻衣は、父親の一番の理解者として、久石の音楽に向き合い、その功績を後世に残そうと活動を始めている。
この番組では、麻衣が作曲家・久石譲の活躍した各分野のプロフェッショナルを訪ねながら、その音楽性を明らかにしていく。

父と娘と音楽と~素顔の久石譲~
11/3(木・祝) 12:00~13:00 放送

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.