古風な「しわしわネーム」が増えてる? イマドキの赤ちゃんの名前事情

10月28日放送のニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」では、イマドキの赤ちゃんの名前事情について特集した。

2000年代に入る頃から耳にするようになった“キラキラネーム”。「空流(くうる)」「希星(きらら)」などいわゆる「当て字」で、読みづらい漢字の名前が流行した。

ところが近年、そんなキラキラネームに対抗して「しわしわネーム」という古風な名前が増えているという。男の子だと、茂(しげる)、清(きよし)。女の子だと、千代子(ちよこ)、和子(かずこ)など。インターネットの、ある赤ちゃんの名前検索サイトでは、2018年の男の子は「一郎」が4位、「和雄」が7位に、女の子は「文子」が8位にランクインするなど、「しわしわネーム」が増えつつあることが明らかに。

番組で電話をつないだ27歳の女性は、最近男の子の赤ちゃんを出産し、その子に付けた名前は「貫太(かんた)」君。周囲には「キラキラネーム」が多いため、成長して社会人になって面接を受ける時、名刺を渡す時に困ったりするのではないかと考え、読みやすい名前を意識したとのこと。

そのエピソードを受けて、リスナーからはメールが多数寄せられ、「古風な名前は大賛成です」というような「しわしわネーム」が増えつつあることに好意的な意見や、新入社員が「キラキラネーム」だったというリスナーからは「チャラチャラしているのかと思ったら意外としっかりしているので逆に好印象になった」と、キラキラネームとのギャップで好印象になったというケースも。

また「しわしわネーム」という名称がネガティブなイメージのため良くないという意見も寄せられ、
「ビンテージネーム」や「クラシックネーム」など代案が多数挙げられるなど、最新の赤ちゃんの名前事情で番組は盛り上がった。

垣花正 あなたとハッピー!
FM93AM1242 ニッポン放送 月-木 8:00-11:30

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.