「サンライズ瀬戸」を降りると待っている本場の讃岐うどん!~高松駅・連絡船うどん「きつねうどん」(390円) 【ライター望月の駅弁膝栗毛】

bl160413-1

東京と四国・高松を結ぶ寝台特急「サンライズ瀬戸」。
岡山までは「サンライズ出雲」を併結した14両編成で運行。
岡山からは285系電車の7両編成で運行され、高松には朝7:27に到着します。
全車個室寝台が基本なので、セキュリティ的な面でも安心な夜行列車です。
最近は「出雲」のほうを中心に、女性のお客さんがすごく増えたように感じます。

bl160413-2

この「サンライズ瀬戸」、週末を中心に「こんぴらさん」の玄関口・琴平までの延長運転が行われています。
サンライズ瀬戸」は、高松から予讃線を坂出まで戻って、多度津から土讃線へ。
途中、善通寺に停車し終点・琴平には8:52着となります。
この9時前という時間帯、門前のお店がだんだん開き始める時間。
始発の飛行機で来ると10時頃ですので、混み始める前に1時間早くスタートできる訳です。

bl160413-3

琴平へ延長運転する「サンライズ瀬戸」は、高松で7:27~54まで「27分」停車します。
実はこの「27分間」が本当に有難い!
仮に岡山で駅弁が買えなかったとしても、高松駅で駅弁を調達する時間は十分にあるのです。
でも、朝から駅弁は思いという人にピッタリなのが、高松駅の改札内にある「連絡船うどん」。
このお店、かつて「宇高連絡船」のデッキで食べられたうどんの系譜を継ぐお店なんです。

bl160413-4

現在「連絡船うどん」は、JR四国系の「めりけんや」のお店となっています。
その中にあって「連絡船うどん」の歴史を今に伝えているのは「きつね」「月見」「鳴門わかめ」の3種類。
今回は「きつねうどん」(390円)を券売機でチケットを買っていただきました。
讃岐らしいコシのあるうどんが体を目覚めさせながら、香川らしく「いりこだし」が効いたおつゆと、揚げの甘みがジュワッとマッチ。
寝起きの体に優しく、じんわりと沁み込んでいくような感じがします。

bl160413-5

この「連絡船うどん」、うどんによって出汁を変えているそう。
「ぶっかけ」の隠し味にはカツオ、「さる」には、昆布、いりこ、カツオの合わせ出汁といった具合。
ちなみに「讃岐うどん」といえば、コシの強いうどんというイメージがありますよね。
関西のうどんの歴史に詳しい先生に訊いた説では、元々「生醤油」の食べ方がベースだからなんだとか。
濃い醤油の味が麺に沁み込まないように、コシの強いうどんになっていったというんですね。
逆に大阪などでは、水に恵まれないため、出汁の味がしみ込みやすい柔らかいうどんになったのだそう。
最近はドコでもコシの強いうどんが好まれる傾向がありますが、きちんと歴史を踏まえた上でうどんをいただきたいものです。

bl160413-6

「連絡船うどん」の出汁の余韻に浸りながら、およそ1時間。
サンライズ瀬戸」は、ほぼ定刻通り琴平駅に到着。
東京から琴平まで乗り換えなし!
長い石段を登る前に十分、英気を養うことが出来ましたよね。

bl160413-7

琴平駅のホームには、昔懐かしい「洗面所」が健在。
こんぴらさんのマーク入りの洗面台というのも面白い!
列車を下りても眠かったら、冷たい水で思い切り顔を洗っちゃいましょう。

bl160413-8

週末限定、東京駅から「こんぴらさん」まで直通の「サンライズ瀬戸」。
”こんぴらサンライズ”、まだやったことが無い方は、ぜひお試しあれ!

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!
「ライター望月の駅弁膝栗毛」
(取材・文:望月崇史)

【ごあいさつ】
はじめまして、放送作家の望月崇史(もちづき・たかふみ)と申します。
ニッポン放送には、昔の有楽町の社屋の頃から、かれこれ20年お世話になっています。
最近では、月~木・深夜24時からの「ミュ~コミ+プラス」で放送された、
ルートハンター」のコーナーに、5年ほど出演させていただきました。

そんな私がライフワークとしているのが「駅弁」の食べ歩き。
1年間に食べる「駅弁」の数は多い年でのべ500個。
通算でも4500個を超えているものと思います。
きっかけとなったのも、実はニッポン放送の番組。
2002年~05年に放送された「井筒和幸の土曜ニュースアドベンチャー」の
番組ウェブサイトで「ライター望月の駅弁膝栗毛」を連載することになり、
本格的に「全国の駅弁をひたすら食べまくる生活」に入りました。
以来、私自身のサイトや、近年は「ライター望月の駅弁いい気分」というブログで
「1日1駅弁」を基本に「駅弁」の紹介を続けています。
”駅弁生活15年目”、縁あってニッポン放送のサイトで連載させていただくことになりました。
3つの原則で「駅弁」の紹介をしていきたいと思います。

①1日1駅弁
②駅弁は現地購入
③駅弁のある「旅」も紹介

「1日1駅弁」ですので、日によって情報の濃淡はありますが、
出来るだけ旬の駅弁と鉄道旅の魅力をアップしていきますので、
ゆるりとお付き合い下さい。

【プロフィール】

望月崇史(もちづき・たかふみ)望月

1975年12月8日静岡県生まれ。
早稲田大学在学中から、ニッポン放送で放送作家に。
卒業後の2002年「井筒和幸の土曜ニュースアドベンチャー」の番組サイトで始めた
ライター望月の駅弁膝栗毛」をきっかけに、全国の駅弁食べ歩きをスタート。
以来およそ15年、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。
1日1駅弁のウェブ紹介を日課とし、これまでに食べた駅弁は4500個以上。
ニッポン放送「ミュ~コミ・プラス」ルートハンター、鉄道特番などにも出演。
丸の内朝大学・温泉クラスの講師も務める。