カエル男は誰?…『ミュージアム』レッドカーペット潜入 【しゃベルシネマ by 八雲ふみね・第87回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回の「しゃベルシネマ」でお届けするのは、ジャパンプレミアレポート。
10/13(木)に六本木ヒルズアリーナで開催された映画『ミュージアム』レッドカーペット熱狂の様子を掘り起こします。

これは犯罪か、芸術か。身も心も凍り付くサイコスリラーが誕生。

01(w680)

過激な描写と緊迫のストーリー展開で人気を博す巴亮介の人気サイコスリラー漫画を、主演・小栗旬×監督・大友啓史により実写映画化。
カエルのマスクを被った史上最悪の猟奇的殺人鬼、カエル男の正体とは…。
そしてカエル男の足跡を追ううちに自らも罠にはめられてしまう刑事、沢村の運命は…。

衝撃のノンストップ・スリラーエンターテイメント『ミュージアム』のジャパンプレミアに、主演の小栗旬はじめ、尾野真千子、野村周平、丸山智己、田畑智子、松重豊、カエル男、大友啓史監督が出席。
八雲ふみねが、その熱狂の場に潜入しました。

02(w680)

観客は1,200人!カーペットも照明もグリーンに統一されてカエル色、といった印象で期待が高まります!

03-01(w680)

ニッポン放送 吉田尚記アナウンサーの呼び込みで、キャスト・監督が勢揃い。
「素晴らしいエンターテイメントの日本映画ができたと思う」と、完成した作品に自信をのぞかせる小栗旬。
「追い詰められるシーンは叫んでばかりで、ノドが痛くなりました」と笑顔で話す、尾野真千子。
野村「今日は寒いですね!」観客「そうですねっ!!」のコール&レスポンスで会場を盛り上げる野村周平。

03-02(w680)

日本最高峰とも呼ばれる「大友組」の印象について
「大友監督の作品に賭ける熱量がすごいので、いつも120%、130%の力で臨んでいます」と、田畑智子。
そして「大友監督は、俳優のモチベーションを上げてくれる心強い存在」と語るのは、丸山智己。
その言葉に、キャストの皆さんが揃って頷いてらっしゃるのが印象的でした。

03-03(w680)

「この映画、本当に怖いですよ。覚悟して下さい」と、お客様に語りかける松重豊。
「挑戦的な面白い作品ができた。皆さんにお披露目できるのが楽しみです」と、この日を迎えた喜びを見せる大友啓史監督。

そして、もう一人。
雷鳴が轟き、ステージ上に雨が降る中、登場したのは…。

04(w680)

カエル男を演じる、妻夫木聡!
これまでベールに包まれていたカエル男の正体が明らかとなり、観客からは悲鳴のような歓声が。
小栗旬や尾野真千子も「ブッキー!!!」と、大声援を送ってました。

05-01(w680)

「カエル男が誰か、初めて発表される場。野村周平の時より歓声が小さかったからどうしようと思ってましたが、驚いてもらえて良かったです」と、ニンマリする妻夫木聡。

05-02(w680) 05-03(w680) 05-04(w680) 05-05(w680)

トークセッションでは「この人、有罪です!」と告発する一幕も。

「雨のシーンで、『目を開けていてくれ』と監督に言われたけど、雨が振りすぎていて…。目を開けるどころか、立っているのに溺れているような感覚になりました。」(小栗)
「『カエル男は完璧主義者。設定として、体はめちゃくちゃ鍛えてほしい』と監督に言われたので、3~4ヵ月ジムに通って体を作ったのに、現場に入ったらそんなシーンはありませんでした(笑)。」(妻夫木)
「僕が宙吊りになるシーンで、(撮影の)昼休み以外はずっとワイヤーで吊るされていたんです。これも監督が僕に与えた試練かなと思って耐えたんですが…」(野村)

…といった具合に、キャスト陣から次々と“罪”を暴露されたのは、なんと大友監督。
これも「いい作品にしたい!」という思いゆえ…なんでしょうけれど、ねぇ。
しかし、「俺、有罪でいいよ」と、あっさり観念する大友監督。
映画はとても残忍でサイコなテイストなのに、舞台挨拶では皆さん、笑顔、笑顔。

06-01(w680)

舞台挨拶終了後、登壇者の皆さんはグリーンカーペットへ。
サインや写真撮影を求めるファンの皆さんの声援に応えます。

06-02(w680)

ファンとのツーショット撮影に応じる小栗旬。

06-03(w680)

ファンの熱気に笑顔が溢れる妻夫木聡。

06-04(w680)

「旬さん、iPhoneにサイン下さい。」と書かれているのは、ファンの方からのリクエストプレート。
そう言えば、iPhone(あるいはiPhoneカバー?)にサインをしてもらっている人は多かったですね〜。
機種変更出来ませんな、コレは。

07(w680)

私、八雲ふみねもグリーンカーペットでインタビュー!
登壇者を代表して、ニッポン放送チームが待機するエリアに訪れて下さったのは…。

08-01(w680)

野村周平&松重豊。
小栗旬扮する沢村刑事と共に、事件を追う警視庁捜査一課一係のメンバー。
「(造型の作り込みが素晴らしすぎて)現場検証のシーンは本当に辛かった」と、撮影現場での意外な苦労を吐露する松重豊。
野村周平は「素晴らしいスタッフ、共演者と共に、この作品に参加出来て幸せ!」と、笑顔。

08-02(w680)

そして、ブラックのレーシーなドレス姿がステキな田畑智子。
寒い夜でしたが、オシャレは気合い!ですね〜。
そして、丸山智己は「撮影は過酷でしたが、刑事チームで呑みに行ったりして気分転換しました」と、撮影現場のエピソードを聞かせて下さいました。

08-03(w680)

カエル男たちがグリーンカーペットを闊歩すると、不気味な空気が漂います。
でもこうして見ると、結構カワイイお顔をしてますよね〜。

09(w680)

「役者を極限まで追い込んで、芝居を引き出すことに徹しました。役者陣がギリギリの限界でぶつかり合っている芝居を見てほしいですね」

という言葉からも分かるように、大友監督は作品の出来に大きな手応えを感じている様子です。
海外の映画祭では、すでに高い評価を得ている映画『ミュージアム』。
日本では、2016/11/12~全国ロードショーです。

10(w680)

ミュージアム
2016年11月12日から丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国ロードショー
監督:大友啓史
原作:巴亮介『ミュージアム』(講談社「ヤングマガジン」刊)
出演:小栗旬、尾野真千子、野村周平、丸山智己、田畑智子、市川実日子、伊武雅刀、大森南朋、松重豊、カエル男 ほか
©巴亮介/講談社 ©2016「ミュージアム」製作委員会
公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/museum/

八雲ふみね,しゃベルシネマ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.