台風19号被害~長野県千曲川・千葉県鋸南町からの現場報告

タグ

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(10月14日放送)にジャーナリストの須田慎一郎が出演。台風19号による被害状況を現場からのレポートを交えて解説した。

台風19号 千曲川(左)の決壊現場。濁流が長野市側の住宅地(右)を襲った=2019年10月13日午前11時47分、長野市 写真提供:産経新聞社

台風19号~千曲川で堤防決壊

台風19号による猛烈な雨の影響で、長野県の千曲川など21河川、24ヵ所で堤防が決壊し、住宅地などで大規模な洪水の被害が各地で発生した。土砂災害も相次ぎ、11の県で35人が死亡、17人が行方不明となっている。孤立状態になった地域も多く、警察や消防、災害派遣要請を受けた自衛隊が捜索、救助活動を行っている。(*注 10月15日時点で宮城、福島、新潟、長野、埼玉、茨城、栃木の7つの県で37河川、52ヵ所の堤防が決壊。11の県で56人が死亡、16人が行方不明)

台風19号 泥水につかった北陸新幹線の車両=2019年10月13日午前11時44分、長野市 写真提供:産経新聞社

長野県・千曲川の堤防が決壊~現場からの報告

飯田)台風19号による被害が各地に広がっています。特に長野県の千曲川の堤防が決壊した被害の模様を、ヘリの空撮などで大きく取り上げています。現地の様子について、地元SBC信越放送の中島記者に伺って行きます。中島さん、どのあたりを取材されたのでしょうか?

中島)長野市の穂保地区というところを取材しました。駅がある中心市街地から北東に15キロほどの場所にあるところですが、昔ながらの住宅街、そして特産であるリンゴ畑が広がるのどかな田園地帯です。千曲川に隣接する地区でして、13日午前2時ごろに河川の氾濫が始まり、堤防が70メートルにわたって決壊したという状況でした。

飯田)空撮の映像や写真を見ると、町全体が完全に浸かってしまっている感じですね。

中島)13日の午前6時半過ぎごろに現場に到着したのですが、地区全体が広い範囲で濁流に飲まれてしまっているような状況で、リンゴの木の先、カーブミラーの鏡の部分しか頭が出ておらず、住宅の1階部分が完全に水没している状態です。

飯田)道という道、家という家が水没して、堤防の上くらいしか歩いて行けないような状況ですよね。中島さんご自身も、水に浸かりながら取材するという感じですか?

中島)地区自体の水が深すぎて入れない状況でして、水際のところで立ち止まって見ているしかないような状態でした。

【台風19号】浸水した住宅街で活動する、災害派遣された陸上自衛隊の隊員ら=2019年10月13日午前、東京都世田谷区 写真提供:産経新聞社

収穫期を迎えたリンゴ畑は壊滅状態~全容がわかるまでに1~2週間かかる可能性も

飯田)リンゴの被害はいかがでしょうか?

中島)収穫期を迎えて出荷を待つだけという状態だったものが、完全に水に浸かって駄目になってしまった、と言う方もいました。

飯田)スタジオにはジャーナリストの須田慎一郎さんもいらっしゃいます。

須田)取り残された人たちの救助作業は、既に完了しているのでしょうか?

中島)いえ、まだ続いている状況でして、夜を通して救助作業が行われたところもあるようです。

須田)そのあたりの完了の目途は立っているのですか?

中島)まだなかに入れない状況ですので、どこに誰がいるかも確定できないという状況です。

飯田)そうすると、全容が出るまでには時間がかかるかもしれないということですね?

中島)そうですね。水が引いたところでこういった被害がある、ということがようやくわかるのではないでしょうか。

飯田)完全に引くまでには、1週間や2週間くらいかかりそうな感じですか?

中島)県側市側、行政の発表では2週間程度かかるのではないかという話も出ています。

【台風15号から2週間】住宅の屋根にブルーシートをかけるボランティアたち=2019年9月22日午後、千葉県鋸南町 写真提供:産経新聞社

千葉県鋸南町からの被害状況

飯田)関東地方では台風15号が大変な被害をもたらして、その後に来た19号。千葉県の、特に房総半島の南部は被害が心配されていましたが、その現場である鋸南町保田漁業協同組合の鈴木アツシさんにお話を伺います。鈴木さん、おはようございます。

鈴木)おはようございます。

飯田)よろしくお願いします。台風15号で被害があったなか、19号はいかがでしたか?

鈴木)雨の方は何とか凌げたのですが、その後の吹き返しの風で、民家のブルーシートは半分以上飛ばされているような状態です。鋸南町と南房総市、館山市も半分以上は剥がされてしまいました。

飯田)15号が過ぎ去った後にブルーシートを各地でかけていましたが、それがまた振り出しに戻ってしまったという感じですか?

鈴木)そうですね。19号が来る前に補強はしたのですが、それでも強くて。

飯田)千葉では停電も続いているという話ですけれども、周りはいかがですか?

鈴木)鋸南町では、一部地域で停電しています。

飯田)今回は東京電力も、いろいろ人を出して対応していたという話ですが、それでも停電は起こってしまいますよね。

鈴木)そうですね。飛ばされたシートが絡まって、ということもあるのではないかと思いますけれどね。

飯田)ご近所の方も、公民館などに避難されたという感じですか?

鈴木)避難していましたが、もう帰って来て、13日のうちにある程度まで補修はしたということです。

飯田)漁業の方の影響はありますか?

鈴木)漁業の方は大丈夫です。網は全部外してあった状態なので、これから網を入れて再開するところです。

飯田)なるほど。危険のないように気をつけて下さい。鈴木さん、朝からどうもありがとうございました。

鈴木)ありがとうございます。

飯田)千葉県の鋸南町保田漁業協同組合、鈴木アツシさんにお話を伺いました。屋根の被害は15号のときにかなりありましたから、それがまた更にということになりますよね。長野県以外にも茨城、栃木、また福島も阿武隈川が氾濫し堤防決壊ということもあり、被害の全容が掴めるまでは時間がかかるかもしれないですね。

須田)そうですね。救助作業が終わってしばらく経たないと、全容は出て来ないのでしょうね。長野県のケースを聞いていても、まさにそう思いました。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.