トランプ氏のウクライナ疑惑~大統領弾劾もあり得る深刻な状況

タグ

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(9月27日放送)に外交評論家・キヤノングローバル戦略研究所研究主幹の宮家邦彦が出演。トランプ大統領が再選へ職権乱用したとされるウクライナ疑惑について解説した。

保守政治活動協議会で講演するトランプ(2011年)(ドナルド・トランプ-Wikipediaより)

トランプ大統領が再選へ職権乱用か、ウクライナ疑惑で内部告発

アメリカのトランプ大統領は2019年7月、ウクライナのゼレンスキー大統領との電話会談で、民主党のバイデン元副大統領に不利な情報を求めて調査を要求し、ウクライナへの支援をちらつかせて圧力をかけたという疑惑が持たれている。この疑惑についてアメリカ議会は26日、内部告発した政府職員の告発文を公表した。告発した政府職員はトランプ氏が2020年の大統領選挙を前に、民主党の有力候補であるバイデン氏に不利な情報を得るため、大統領の権限を利用していると非難した。

飯田)告発を受けて大統領は、「民主党は共和党を破壊しようとしている。我々の国が危機に瀕している」とツイッターに投稿し、結束を呼び掛けたということです。バイデンさんとその息子さんの疑惑に関わるものらしいですね。

一期目の副大統領就任宣誓(ジョー・バイデン-Wikipediaより)

会話の証拠があり、大統領弾劾に発展する可能性も

宮家)これはかなり深刻だと思います。ボディーブローでこれから効いて来るでしょう。これだけお聞きになったら、リスナーの方は何が起きているのかよくわからないと思います。要するに、日本の首相が、例えば、東南アジアの大統領なり首相に電話をかけて、「実はお宅にこれから経済協力を出そうと思っている。ところで、お宅ではうちの野党党首の息子がいろいろ悪さをやっているみたいだけれど、汚職をやっているのだって? よく調べておいてくれ。それから、政府関係者ではないけど僕の顧問弁護士が友達にいるから、その人とよく話してね」などと言ったとしたら、それこそ大変なことになるでしょう。トランプさんはそれを平気でやっていて、しかもしっかり記録があるのです。かつてニクソン大統領がウォーターゲート事件で失脚したとき、いろいろ言われたのだけれど、最後はテープが出て来て決定打になった。テープでちゃんと言っているではないかとなったら、逃げられませんからね。トランプさんも、いままでは証拠がなかったけれども、今回はウクライナ大統領との会話がきれいに文書で残っているわけです。極秘扱いされていたのですが、それが解除されていま出て来ているということですから、私は非常に深刻だと思います。実際にこれが出て来たことで、いままでくすぶっていた下院民主党の中で大統領弾劾の動きが正式に動き始めました。しかし、いままでも大統領弾劾は決して容易ではありません。今回も共和党が上院を制しているのだから、仮に弾劾を始めても弾劾裁判では当然負けるわけですよ。それでは逆効果になるからとこれまでは躊躇していたのだけれども、最近の民主党は本気でやる気になっています。

アメリカ合衆国、ワシントンD.C.、キャピトル・ヒル(アメリカ合衆国上院-Wikipediaより)

大統領弾劾へは上院の3分の2が必要

飯田)弾劾はまず下院からスタートして、最終的には上院の、しかも過半数ではないのですよね。

宮家)3分の2ですね。

飯田)3分の2をもって可決すると、大統領弾劾ということになる。

宮家)例えて言うと、弾劾裁判をやるかどうかを下院で決めて、裁判の内容は上院が決める。そして上院では3分の2が必要だと。下院は半分でいいのですけれどね。だから本当に弾劾をやるのであれば、多数を持っている共和党のなかから半分くらい票が弾劾賛成に流れないと、3分の2に行かないわけですよ。それはなかなか難しいでしょうね。

飯田)アメリカのメディアはこれ一色ですね。

宮家)そうでしょう、これしかないでしょう。国連で日米首脳会談をやっても他の首脳会談をやっても、アメリカのメディアにはまったく関係ないですよ。

飯田)いろいろな報道が出ていますが、ニューヨークタイムズ紙が告発者はホワイトハウスで勤務経験のある、CIA職員だと伝えています。諜報機関が情報を出すというのは、相当な覚悟ですよね。

宮家)ですが、アメリカには内部告発などの制度があって、その制度に従って大統領であれ誰であれ、不正行為があればそれを告発するのは連邦職員の義務ですからね。だから法律にのっとって彼はそれをやった。そしてDNIと言うのですけれど、国家情報機関の代表がいます。現在は空席なので代行がやっているのですが、代行の人が出て議会で証言しています。堂々とやっていますので、1歩も退く気はないですよ。トランプさんはこれを民主党の陰謀だと言っているのだけれど、実際には、しっかりと内部告発をして、内部でチェックアンドバランスが効いているようなシステムになっています。それに基づいてやったということだからこそ、深刻なのですよ。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.