しゃベルシネマ

完全復活!『ジェイソン・ボーン』 【しゃベルシネマ by 八雲ふみね・第84回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回の「しゃベルシネマ」では、大人気のアクション・エンタテインメント『ジェイソン・ボーン』を掘り起こします。

9年の時を経て、新たなストーリーが始まる。

01(w680)

マット・デイモンが、記憶を失った最強の暗殺者ジェイソン・ボーンに扮する人気アクションサスペンスのシリーズ第5作となる『ジェイソン・ボーン』。
『ボーン・アイデンティティー』『ボーン・スプレマシー』『ボーン・アルティメイタム』の3部作を手がけたポール・グリーングラス監督とデイモンが、9年ぶりにシリーズ復帰。

前3部作は記憶を失ったボーンが全ての記憶を取り戻すまでの物語。
そして新シリーズのスタートとなる今作は、ボーンがトレッドストーン計画に志願した理由と、ボーンの父の死の真相に迫る物語となっています。

02(w680)

世間から姿を消してひっそりと暮らしていたジェイソン・ボーンの元に、CIAの元同僚、ニッキーが現れる。
彼女はCIAが世界中を監視・操作するための極秘プログラムを立ち上げたこと、そしてボーンにまつわる驚きの真実を告げる。
これをきっかけに、ボーンは再始動。
そして彼の追跡を任されたCIAエージェントのリーは、ボーンを組織に取り込もうと画策する…。

主人公ジェイソン・ボーンを演じるのは、もちろんマット・デイモン。
本年度アカデミー賞助演女優賞を受賞後、世界中の注目を集める若手女優アリシア・ヴィキャンデルをヒロインに迎えるほか、名優トミー・リー・ジョーンズやヴァンサン・カッセルが新加入。
ストーリーに奥行きを与える名演を魅せています。

03(w680)

『ジェイソン・ボーン』を語る前に、是非とも触れておきたいのが、『ボーン』シリーズがアクション映画に与えた影響力について。
例えば、ハリウッドアクションは最近でこそマーシャルアーツが主流ですが、ハリウッドメジャー作でマーシャルアーツをここまで本格的に取り入れたのは、恐らく『ボーン』シリーズが初めてではないでしょうか。
またカーチェイスシーンも、技術の発達によりCGが多用されるようになってきた頃に、敢えて実際に車に乗り込んで生身のカーチェイスを繰り広げて時代の流れに逆行した表現方法を追求し、観る者の度肝を抜きました。

『007』や『ミッション:インポッシブル』といった人気アクションシリーズもリアルアクションを追求していますが、その先駆けとも呼べるのが、この『ボーン』シリーズ。
近年のアクション映画のトレンドを作り上げたシリーズ、と言っても過言ではないのです。

04(w680)

そして本作でも、アクションシーンへのこだわりには唸るばかり。
これでもか!と言わんばかりの、グリーングラス監督お得意の手ブレ全開カメラワークは否応にも緊迫感を生み出し、1秒たりとも目が離せないほどスリリング。
また鍛え上げられた肉体が繰り出すマット・デイモンのアクションは、切れ味、迫力ともに申し分ないうえに、年齢を重ねたからこその円熟度も増して“凄腕のCIA暗殺者”というキャラクター設定にもより説得力が増しています。
これも主演マット・デイモンとポール・グリーングラス監督が揃ったからこそ生まれた、『ボーン』シリーズならではの醍醐味です。

05(w680)

ジェイソン・ボーン
2016年10月7日から全国ロードショー
監督:ポール・グリーングラス
出演:マット・デイモン、トミー・リー・ジョーンズ、ヴァンサン・カッセル、ジュリア・スタイルズ、アリシア・ヴィキャンデル ほか
© Universal Pictures
公式サイト http://bourne.jp/

八雲ふみね,しゃベルシネマ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.