ダーリンハニー吉川正洋~18万円する駅弁「日光埋蔵金弁当」の中身

タグ

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に、お笑いコンビ・ダーリンハニーの吉川正洋が出演。芸能界屈指の鉄道ファンである吉川に駅弁の楽しみ方について訊いた。

黒木)今週のゲストは芸能界を代表する鉄道ファン、お笑いコンビ「ダーリンハニー」の吉川正洋さんです。鉄道と言えば、駅弁が切り離せませんよね。吉川流駅弁の楽しみ方はあるのですか?

吉川)いままで1000食以上は食べていると思います。いまは東京駅でも全国の駅弁を食べることができますよね。僕は「先走り弁」というものをやっています。

黒木)ほうほう。

吉川)例えば、北海道に行くとしますよね。まず、東京駅で先に北海道の駅弁を食べるのですよ。そして、気分を高めて北海道へ行くと、テンションが北海道モードに上がって行きます。

黒木)北海道から戻るときは、東京の駅弁を食べるのですか?

吉川)戻るときは東京の駅弁を食べると「戻るのだな」と思いますし、あとは「途中駅弁」というものもやっていまして、北海道へ行くときは仙台に停まりますよね。北海道へ行くけれど、駅弁では仙台を感じたいというときには、仙台の駅弁を食べたりします。いろいろな楽しみ方をしています。

黒木)駅弁のお値段はピンキリですけれど、だいたいいくらくらいのものがいいですか?

吉川)安いと数百円で買えるものもありますし、2000円、3000円するものもあります。あと、「日光埋蔵金弁当」は10万円以上するのですよ。

黒木)え?

吉川)日光彫りという豪華な器に入っています。

黒木)まず器から、お土産になるわけですね。10万円?

吉川)そうなのです。10万円以上するのですよ。

黒木)それは召し上がりました?

吉川)1回だけ。

黒木)どうでしたか?

吉川)それはもう極上でしたね。

黒木)何が入っていましたか? 日光と言うと、川魚という感じがしますけれど。

吉川)お肉とか、キャビアも入っていました。

黒木)えっ、キャビア?

吉川)中身がとにかく豪華でした。リーズナブルなものもありますし、高級なものもあります。いまは健康志向のカロリー計算をされたものもあります。僕がオススメなのは、熊本にある人吉駅の、「鮎ずし」という駅弁があります。鮎が丸々1本入っている美味しい駅弁なのですが、その人吉駅は未だに立ち売りです。

黒木)こう、持って。

吉川)そうなのです。立ち売りで買えるところは、いまはもう数ヵ所しかなくて、その道一筋50年の75歳の方が売っているのですが、いい声をされているのですよ。

黒木)どんな声ですか?

吉川)「弁当~弁当~」という、もっともっと味のあるいい声をされていまして。駅で買うのもいいですが、立ち売りから買うというのはいいですね。

黒木)情緒がありますよね。鉄道で旅行している気分になります。


ダーリンハニー・吉川正洋/お笑い芸人

■1977年・東京都出身。
■和光学園、和光大学人文学部文学科卒。
■高校生のときに長嶋トモヒコとお笑いコンビ「ダーリンハニー」を結成。
■2000年にプロデビュー後、ライブを中心に活動。
■幼少期からの電車ファンで、現在は芸能界屈指の電車ファンとして数々のメディアに出演。『タモリ倶楽部』『新・鉄道ひとり旅』『笑神様は突然に』など人気番組に多数出演するほか、著書『ダーリンハニー吉川の全国縦断鉄博巡り』を刊行。

ENEOSプレゼンツ あさナビ
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 6:43-6:49

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.