鈴木杏樹のいってらっしゃい

世界で最も透明度が高い海「サルガッソー海」

タグ

サルガッソ海-Wikipediaより

大西洋は南米大陸、北米大陸、ヨーロッパ大陸、アフリカ大陸との間にある大きな海です。太平洋に次ぐ広さで、地球の表面の約1/6を占めています。

太平洋と同じように、赤道を境にして北大西洋と南大西洋に分けられます。平均の深さは約3900m。最も深い所はプエルトリコ海溝で、約8600mです。

大西洋は英語で『Atlantic Ocean』ですが、名前の由来については諸説あります。例えば、ギリシャ神話に登場する巨人の神様、『アトラス』から来たとする説。アトラスはオリンポスの神々との戦いに敗れたあと、世界の西の果てで、天空を両方の肩で支え続けるという罰を受けます。そのアトラスにちなんで『Atlantic Ocean』と名付けたとする説です。

他にも、地震のために一夜で海のなかに沈んでしまった伝説上の王国『アトランティス』にちなんで、『Atlantic Ocean』と名付けた…という説があります。

大西洋には、世界で最も透明度が高いとされる海があります。それは北米大陸とアフリカ大陸の間、北大西洋にある『サルガッソー海』です。透明度が66.5mとも言われており、エメラルドグリーンの海の上に、まるで船が浮かんでいるように見えます。

サルガッソー海は、ヨーロッパウナギやアメリカウナギの産卵場としても知られています。他の海と比べて水温と塩分が高いことから、プランクトンや魚が少なく、逆に海藻が多いためウナギの産卵場として最適だそうです。

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 朝7:37から(「飯田浩司のOK! Cozy up!」内)
ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.