峯村リエ「舞台上でセリフが真っ白になったとき」

タグ

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に、女優の峯村リエが出演。演技をすることの怖さについて語った。

黒木)今週のゲストは女優の峯村リエさんです。舞台は1年間のなかで、どのくらいやっていらっしゃいますか?

峯村)大体2本で、多くて3本です。

黒木)体調管理はどうなさっているのですか?

峯村)最終的には睡眠ですね。よく寝ることだなと最近は思っていますけれども。

黒木)舞台に立つことへの恐怖はないですか?

峯村)あります。最初のころは本当にただ楽しいだけだったのが、だんだんと年数を重ねるうちに怖さが増えて行きますね。1回、舞台の上でセリフが真っ白になったときがあって。

黒木)セリフがどこかに行ってしまった…。

峯村)近くにいる人に何だっけと聞いたら、教えてくれて、それで思い出して言ったのですけれども。怖かったです。

黒木)怖かった? 一瞬ドキンとするのですよね。

峯村)相手の方が出て来ないときもドキンとしますよね。

黒木)相手の方が出て来ないときは、逆に度胸が据わります。「思い出せ、思い出すんだ」と、何となく思い出せるようなセリフを言います。

峯村)さすが、素晴らしい。

黒木)自分がなったときはすごく怖がるのだけれども、相手の方がなられたときにはもう「どんと来い」みたいな。「思い出せ」と。

峯村)いいですね、黒木さんとご一緒させていただくと。

黒木)でも、そういうものがあるとトラウマみたいになって…。

峯村)しばらくは少し怖かったです。そのうちだんだんとそれもなくなって来ました。ですが、きちんとできているのかという怖さは常にありますね。

黒木)キャリアも上がって来ると、やはりいいところを見せなければならないという、違う気持ちも入って来るので怖がるのでしょうね。

峯村)そうですね。期待していただいている、それに応えなくては、という気持ちですね。そういう怖さも確かにありますね。

黒木)今回の舞台はいかがですか、そうなりそうな個所はありますか?

峯村)今回は丁寧に丁寧に、みんなで作っているから、きちんと行っていればという自信があるので大丈夫ではないかしら。

黒木)本当にストレートプレイなのですか?

峯村)ストレートプレイです。

黒木)途中で歌があるとか。

峯村)ないです。歌ったら怒られます。

黒木)体調管理という意味で、食事はどうなさっているのですか?

峯村)稽古中、本番中は、野菜でお惣菜を作るお店を営んでいる知り合いがいるのですよ。その人に頼んで届けていただいています。

黒木)いいですね。

峯村)1人で住んでいるので、たくさんお野菜の種類を食べられないため、そこで作ってもらうといろいろなものを食べられて、バランスもいいなと思っています。

黒木)やはり野菜中心なのですか?

峯村)野菜中心と言っても、魚もお肉も食べます。お芝居が終わった後はどうしてもお酒をいただいてしまいます。

黒木)そのために頑張るというような。

峯村)そうですよね。せめて朝だけはバランスのよいものを食べています。


峯村リエ/女優

■1964年3月24日生まれ。東京都出身。劇団『ナイロン100℃』に在籍。
■子供の頃から芝居好きの母親の影響を受け、さまざまな芝居を観劇。高校卒業後、俳優養成所『五月舎』の演出部に入所。
■ナイロン100℃結成時からのメンバーとして活躍し、数々の舞台に出演。テレビドラマ・映画への出演も数多く、大河ドラマ『真田丸』では茶々の乳母、大蔵卿局を演じて大きな話題に。堤幸彦監督作品にも数多く出演されている。
■2019年8月からは舞台『ブラッケン・ムーア~荒地の亡霊~』に出演。

ENEOSプレゼンツ あさナビ
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 6:43-6:49

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.