しゃベルシネマ

世界初、伝説の5つ星ホテルの内部にカメラが潜入!!

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね 第668回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。支配人の八雲ふみねです。シネマアナリストの八雲ふみねが観ると誰かにしゃベりたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

 

今回は、8月9日公開の『カーライル ニューヨークが恋したホテル』を掘り起こします。

笑顔あふれるカーライル・ホテルがセレブに愛される理由とは…

アート、ファッション、エンタテインメントの街、ニューヨーク。常に革新的で刺激にあふれ、訪れる人々を魅了するこの街には、星の数ほどもホテルがあると言われています。

そのなかでも“伝説の5つ星ホテル”と呼ばれる超高級ホテルが、今作『カーライル ニューヨークが恋したホテル』の舞台です。


1930年に創業し、1泊200万もするスイートルームを擁する「ザ・カーライル ア ローズウッドホテル」。ニューヨークのアッパー・イーストサイドに位置する格式高いクラシックホテルは、モーゼズ・ギンズバーグによって建てられ、イギリスの思想家・トーマス・カーライルにちなんで名付けられました。

歴代米大統領、イギリス王室、各界セレブの御用達として知られ、その顧客の名前を挙げれば、ダイアナ妃やジョン・F・ケネディ、フランク・シナトラ、デヴィッド・ボウイ…と、きりがないほど。世界中のセレブたちに愛され、スターたちが様々な逸話を残して来たことから、ニューヨーク・タイムズが“秘密の宮殿”と呼んだホテルなのです。

では何故、セレブたちは数ある高級ホテルのなかからカーライルを選ぶのでしょうか。


ジョージ・クルーニーやソフィア・コッポラ、ウェス・アンダーソンをはじめとする総勢38名のスターたちが、カーライルの魅力を語り、その真相に迫ったのが、ドキュメンタリー映画『カーライル ニューヨークが恋したホテル』。

世界で初めて、そのラグジュアリーなホテルの内部に潜入し、ホテルで働く裏方の姿をフィーチャー。彼らの弾けるような笑顔と心温まる“おもてなし”を通じて、究極のサービスとは何かを私たちに教えてくれます。


メガホンを取ったマシュー・ミーレー監督は、4年間ホテルに通い詰め、これまで決して明かされることがなかったセレブリティーたちによる歴史的な秘話をカメラに収めることに成功。浮世離れしたエピソードの数々に、おとぎ話を聞いているような錯覚さえ覚えてしまいます。

家族のようにゲストを出迎え、それでいて特別な気分にさせてくれる“カーライル・マジック”に、貴方も触れてみてはいかが。


『カーライル ニューヨークが恋したホテル』

2019年8月9日(金)からBunkamuraル・シネマほか全国順次公開
監督・脚本:マシュー・ミーレー
出演:ジョージ・クルーニー、ソフィア・コッポラ、トミー・リー・ジョーンズ、アンジェリカ・ヒューストン、ウェス・アンダーソン、ジョン・ハム、レニー・クラヴィッツ、ジェフ・ゴールドブラム、ナオミ・キャンベル、アンソニー・ボーデイン、ウディ・アレン
(C)2018 DOCFILM4THECARLYLE LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト http://thecarlyle-movie.com/


八雲ふみね

映画コメンテーター・DJ・エッセイストとして、TV・ラジオ・雑誌など各種メディアで活躍中。
機転の利いた分かりやすいトークで、アーティスト、俳優、タレントまでジャンルを問わず相手の魅力を最大限に引き出す話術が好評で、絶大な信頼を得ている。
初日舞台挨拶・完成披露試写会・来日プレミア・トークショーなどの映画関連イベントの他にも、企業系イベントにて司会を務めることも多数。
トークと執筆の両方をこなせる映画コメンテーター・パーソナリティ。
八雲ふみね 公式サイト http://yakumox.com

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.