殺したいほどの憎しみ 【瀬戸内寂聴「今日を生きるための言葉」】第67回

jaku_67_IMG_0311(w680)

殺したいほどの憎しみは、愛の裏がえしです。
愛しもしない、憎しみもない。
それがいちばん冷淡なことで無関心なこと。
無関心より、憎しみをそそげる相手のほうが、
縁があるといえるでしょうか。

瀬戸内寂聴

瀬戸内寂聴プロフィール

撮影:斉藤ユーリ


出典:『生きる言葉 あなたへ』光文社文庫