大人のMusic Calendar

本日8月7日は森口博子が「水の星へ愛をこめて」でデビューした記念日

【大人のMusic Calendar】


音楽人生でまさかの信じられない奇跡が起きる事になるとは!

4才から歌手になりたくて、将来の夢は「歌手」と書いた卒園文集。ここから言霊パワーは始まっていました。「なりたい」ではなく「なる!」ブラウン管から流れて来る歌謡曲、ポップスに惹かれ常に歌を歌っていた幼少期。小学校2年で両親が離婚、母は女手ひとつで4人姉妹を育ててくれました。家計も苦しくお風呂なしのボロボロのアパート暮らしでしたが、家庭には、常に歌の力が溢れていました。姉達と歌って踊っていると母が大声で「ピンクレディー、山本リンダは禁止!」と。床が腐れてタンスが傾くスリリングな緑荘(笑)、「振り付けが少ないアグネス・チャンはオッケー!」。

とにかく、歌を歌っているとサバイバルな家庭環境も、大変な事もすべて忘れられて幸せでした。教室で友人達の前で歌ったり、毎年、中野サンプラザで行われる、全国放送の「ちびっこものまね紅白歌合戦」に出場するのも楽しみでした。そして、ホールで味わう生バンドとお客様の拍手の快感を知ってしまったのです。今思い出しても血が騒ぎ、感動で泣けちゃう。まさに私のライブの原体験! 

中学生からスクールメイツに所属し、本格的にプロを目指しオーディションを沢山受けるもことごとく落選。その頃の日記にこんな事を綴っていました。「夢があるから頑張れるのか、夢があるから苦しめられるのか。神様、わからなくなってきました」。

そんな中、最後にやっと手を差し延べてくれたのがアニメの世界でした。NHKの素人歌番組に出場した時、レコード会社の方にスカウトされ、TVアニメ『機動戦士Ζガンダム』の主題歌のオーディションにやっと合格。その歌番組でペアを組ませて頂いた平尾昌晃先生に芸名を付けて頂き、85年に「水の星へ愛をこめて」でデビューが決まった時は本当に嬉しかったです。


が、しかしデビューして間もない頃、堀越学園卒業間近に所属事務所から、リストラ宣告を受けました。「あの子は才能がないから、九州の田舎に返したほうがいい」。まだこれからと言う時に。大人の矛盾に納得がいかず「どんな仕事でも頑張ります!」と泣きながら訴え、頂いたお仕事がバラエティー。「この先には必ず歌がある!」とにかく歌いたかったので全力で頑張りました。


念願叶い再び今度は1991年に『機動戦士ガンダムF91』の映画の主題歌「ETERNAL WIND~ほほえみは光る風の中~」を歌わせて頂く事に! 何と初のオリコンベスト10入り、NHK「紅白歌合戦」、全国ツアーにと繋がりました。ライブでのエネルギー交換でファンのみなさんが生き生きとする時間が、愛おしくてたまりません。

その後30代、40代、50代とシリーズごとにガンダムのテーマソングを歌わせて頂く事になるなんて! しかも、昨年NHKで放送された『発表!全ガンダム大投票』で、ガンダム40年の歴史の中、これまでの主題歌361曲の中から、私のデビュー曲が1位に! F91の主題歌が3位にランクインして驚きました。30年以上経ってもブレる事なく、楽曲を大切にしてくれているファンのみなさんの情熱に、これまで作品を制作し続けてこられたスタッフのみなさんの創作愛に、涙があふれました。79年から、複雑な人間模様が描かれている普遍的なガンダムは、まさに日本が誇る文化だと。KING SUPER LIVE 2018での東京ドーム公演、台湾公演でも世代も国境も越えて、沢山のひとりひとりと繋がっていると実感。人格形成期に聴いたアニソンは裏切らない!

そして、全ガンダム大投票に続き、新曲「鳥籠の少年」までもがレコチョクでウィークリー1位、MVがGyaO!でデイリー1位に。更にレコチョクの「今でも複数の楽曲が人気アーティストランキング」でも1位に! 4つの1位という奇跡、信じられません。歌い続ける力になりました。


もちろん大切な作品は数字やランキングだけでは語れない尊いものです。今回の結果は、ファンのみなさんとスタッフのみなさんと私達が、一緒に色々な事を乗り越えて、生きてきた証であり、絆だと感じています。心から感謝の気持ちでいっぱいです。

デビュー記念日、8月7日リリースの『GUNDAM SONG COVERS』にはそんな想いと40年のリスペクトが込められています。今回の全ガンダム大投票でランクインしたベスト10をカバー&セルフカバー。ファンのみなさんと一緒に創ったアルバムです。ジャズヴァイオリニスト 寺井尚子さん、アコースティックギタリスト 押尾コータローさん、アコーディオニスト 田ノ岡三郎さん、ピアニスト 塩谷哲さん、鍵盤奏者 猪野秀史さん、インストゥルメンタル・ユニット TSUKEMENの皆さんなど、豪華ミュージシャンの方々との同時レコーディングは、刺激的で興奮しました。今回、改めてガンダムソングのスケールの大きさに感動して、名曲揃いだと痺れました。毎年恒例の夏のライブツアーでお届けする日が楽しみすぎます。


歌手になると言う夢を叶えてくれたガンダムは、人生をガラリと変えてくれた運命の作品です。これからも幸せな使命を輝かせます。
この地球(ほし)の生命が穏やかな日常に包まれる事を願って…。

森口博子「水の星へ愛をこめて」「ETERNAL WIND~ほほえみは光る風の中~」ジャケット撮影協力:鈴木啓之

【ニューアルバム情報】
森口博子×機動戦士ガンダム40周年 カバーアルバム『GUNDAM SONG COVERS』
8/7リリース!!
「GUNDAM SONG COVERS」
3,000円+消費税 / KICS 3790

【ライブ情報】
森口博子ライブツアー2019~おかげSummer・おつかれSummer~
《メンバー》
榊原大(Pf)、佐々木秀尚(Gt)、須藤満(Ba)、齋藤たかし(Dr)、宮崎隆睦(Sax)、石井真(Tp)、池田雅明(Tb)    
■福岡公演
日程:2019年8月17日(土) 
会場: Gate’s7
お問合せ: BEA tel.092-712-4221
■名古屋公演
日程:2019年8月25日(日) 
会場:名古屋ブルーノート
お問合せ:名古屋ブルーノート tel.052-961-6311
■大阪公演
日程:2019年8月26日(月) 
会場:ビルボードライブ大阪
お問合せ:ビルボードライブ大阪予約センター tel.06-6342-7722
■東京公演
日程:2019年9月1日(日) 
会場: ヒューリックホール東京
お問合せ: キャピタルヴィレッジ tel.03-3478-9999

森口博子オフィシャルホームページ https://www.mogeshan.net/

【著者】森口博子(もりぐち・ひろこ):85年、アニメ『機動戦士Zガンダム』の主題歌で歌手デビュー。音楽活動と並行し様々なジャンルで活躍。91年には、映画『機動戦士ガンダムF91』の主題歌がヒットし、同年から6年連続で紅白歌合戦に出場。8/7 初のカバーアルバム「GUNDAM SONG COVERS」を発売。

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.