ナイツ土屋「すでに泣きそう」 自身考案の遊びが大会になり歓喜

ナイツ土屋が、ニッポン放送「清水ミチコとナイツのラジオビバリー昼ズ」(7月18日放送)に出演し、自身の悲願が叶ったことに歓喜した。

ニッポン放送の「ラジオビバリー昼ズ」と、TBSラジオの「ナイツのちゃきちゃき大放送」の連携企画として「消しゴムサッカー」の大会が開催されることが、この日の番組で発表された。自身が考案した「消しゴムサッカー」の大会ということで、「私、すでに泣きそうなのですが」と、喜びを隠しきれない様子の土屋。「消しゴムサッカー」とは、キン肉マン消しゴムなどのアニメのキャラクターをデザインした消しゴムを、ボールペンで弾き、サイコロをボールに見立てサッカーを行うというもの。土屋が小学生の頃から30年間、1人でやっていた遊びだ。

今年、土屋はYouTubeに「つちやのぶゆき」という名義で動画を公開し、ひそかに話題になっていた。さらに営業先の楽屋では、他の芸人と一緒に消しゴムサッカーをプレーし、ハライチ、東京03など、多くの人気お笑い芸人が熱中していたようだ。

「第1回 消しゴムサッカー つちやのぶゆき杯2019」は、8月13日にニッポン放送のイマジンスタジオで開催され、番組リスナー16組を招待。8月中の開催ということで土屋は、「親子で参加して夏の思い出を作ってください。僕のような一人遊びをやっている子供たちも、消しサカ友達を作ってもらいたい」と、自身の少年時代を思い返しながら語った。なお、詳しいルールなどは、YouTubeで「つちやのぶゆき」と検索すると、ルール動画を見ることができる。

高田文夫のラジオビバリー昼ズ
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 11:30~13:00

※「第1回 消しゴムサッカー つちやのぶゆき杯2019」の参加応募など詳細は⇒ http://www.1242.com/takada/index.php?date=2019-07-25

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.