足と靴と健康協議会事務局長・木村克敏「1日1万歩は歩き過ぎ」

タグ

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に、一般社団法人「足と靴と健康協議会」事務局長で、上級シューフィッターの木村克敏が出演。足を健康に保つ秘訣について語った。


黒木)今週のゲストは一般社団法人「足と靴と健康協議会」事務局長で上級シューフィッターの木村克敏さんです。私もタップダンスをやっていますが、タップシューズはだいたい緩いものを履くのですよ。

木村)そうなのですか。

黒木)足が遊んでくれて、力を抜くというのでしょうか。まるでピアノを弾くときのような指と同じで。2つサイズくらい大きなものを履いて、その代わり紐靴をしっかり脱げないように結びます。力を抜くということをやるので、そういうサイズ選びなのですけれども。

木村)普通の靴も、締めるところは締めていただかないといけません。いちばん幅の広い部分で気にされるところ、ここはある程度ピタッとさせて、もう少しかかとよりの部分、ウェスト部と言うのですが、そこはかなりキュッと締めていただきます。ただ、指先は遊びがあった方がいいです。掴むという動作がありますので、指先はある程度自由に動いた方がいいですね。すべてがゆるゆるだと困ってしまうのですが、止めるところをしっかり止めていただいて。

黒木)掴むというお話が出ましたけれども、正しい歩き方というのも、掴むということと関係あるのですか?

木村)そうですね。指先で蹴り出すということをやるのですが、蹴り出すにも指先をしっかりと使えていないと蹴り出しができません。お子さんも、大人もそうなのですが、浮指と言って足を着いたときに、指先が地面で靴の底に触れていない状態の方がかなりいらっしゃいます。ですから掴めない、力が入りません。合わない靴を履くとそうなってしまいます。

黒木)最初は赤ちゃん、1歳前後になると歩き出しますけれども。

木村)そのときは靴を履いていなくて裸足やソックスですけれども、ある程度の年齢になると、靴を履いてお散歩したりするので、靴は合わせていただきたいですね。

黒木)正しい歩き方のポイントはあるのですか?

木村)ポイントは、かかとから着地すること。女性の方はヒールの高いものを履くこともありますが、歩幅を少し大きめに取っていただきたいです。歩幅を大きく取ると言っても、なかなか意識して足は踏み出せないので、ポイントとしては手の振りですね。後ろに大きく引いていただくと、足が前に大きく出ますので、あとは視線をなるべく遠くの方に。下を向くと姿勢も悪くなりますので、視線を遠くに。完璧には行かないと思うのですが、耳と肩と腰とくるぶしが一直線になるように、つられているような状態で歩くのがおすすめですね。

黒木)ウォーキングは大切ということでしょうか?

木村)そうですね。いくら合っている靴を選んで正しく履いても、歩き方で台無しになってしまいます。歩く場合はそういったところを注意していただくと、綺麗に歩けますし、健康にもつながります。

黒木)正しい歩き方、他にポイントはありますか?

木村)速度もある程度早いほうがいいです。早歩きくらい。本当にウォーキングをしようと思ったら、長い距離を歩く必要はありません。セットで小分けに歩いても大丈夫です。厚労省が「健康日本21」というもので、「毎日1万歩歩きましょう」と言っていた時期がありましたが、膝にトラブルがある人は無理に歩くと膝を痛めてしまいます。いまはだいたい6000歩くらい。少なくとも4000歩くらい歩きましょうとされています。

黒木)何分くらい歩けばいいのですか?

木村)だいたい20分~30分くらい。30分通して歩こうとすると大変なので、10分ずつ歩く。10分のなかで3分早歩きをしたら、3分インターバルでゆっくり歩いて、また早く歩く。緩急をつけることが大事です。歩いたときにかかとから衝撃が伝わります。足首や腰、膝に。これも実はいい部分がありまして、年齢を取るとみなさん骨のカルシウムがなくなって骨粗しょう症になる方が多い。特に女性の方は閉経後にカルシウムが落ちて行きます。治療をしていただければ治りますけれども、みなさん、サプリメントを飲んだり、牛乳を飲んだりといろいろやられると思います。ですが刺激がないとカルシウムが定着しないので、歩くことが必要です。

黒木)やはり足は大切ですね。


木村克敏(きむら・かつとし) / 上級シューフィッター

■1965年生まれ、東京出身。
■東洋大学経済学部卒業後、東京・銀座の「株式会社かねまつ」に入社。
ショップ店長、オーダーサロンマネージャー、銀座本店・副支配人を務める。
■その後「コールハーンジャパン」へ転職。ストアマネージャーを経てスーパーバイザー、ショップトレーナーとなる。
■現在は「一般社団法人 足と靴と健康協議会(FHA)」の事務局長を務め、シューフィッターの養成講座の運営の傍ら、講演活動等も実施。上級シューフィッターの有資格者であり、ドラマ「陸王」ではシューフィッターの演技指導も務めている。

ENEOSプレゼンツ あさナビ
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 6:43-6:49

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.