鈴木杏樹のいってらっしゃい

「預金」と「貯金」は、お金を預けた場所によって変わる

タグ


『預金』とは、“銀行や信用金庫、信用組合、ネットバンク、労働金庫に預けたお金”のことです。これに対して『貯金』とは、“郵便局(ゆうちょ銀行)や、農業協同組合(JA)、漁業協同組合(JF)に預けたお金”のことです。

どちらもお金を預けることには変わりはないのですが、名前の違いは『銀行預金や郵便貯金が誕生したときの経緯の違い』によるものだそうです。

『郵便貯金』は国の政策として、1875年(明治8年)から始まりました。それまでの日本では、イザというときのためにお金を貯めること、つまり“貯金”という習慣がほとんどありませんでした。そこで政府は『貯金』という習慣を庶民に広めるために、“郵便局にお金を預けること”を勧めました。

そうやって集まったお金を、国の発展に活用するために運用を始めました。当時、郵便貯金をしていたのは農家の方が多かったそうです。

それに対してこの当時、銀行にお金を預けるのは主に都市部の商人や企業でした。こうして銀行に預けられたお金は、大手の企業に“融資”という形で貸し出されて、その利息が銀行の利益となりました。

主に農家の方などがお金を預けていて、集まったお金は“運用”に活用されていたのが『郵便貯金』。主に都市部の商人や企業がお金を預けていて、集まったお金は“融資”に活用されていたのが『銀行預金』。こうした歴史の違いもあるそうです。

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 朝7:37から(「飯田浩司のOK! Cozy up!」内)
ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.