雨宮兄弟の謎がいま明らかに…『HiGH&LOW THE RED RAIN』 【しゃベルシネマ by 八雲ふみね・第79回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回の「しゃベルシネマ」では、『HiGH&LOW THE RED RAIN』を掘り起こします。

日本中を震撼させる「HiGH&LOW」プロジェクトから、早くも映画第2弾が誕生!

01(w680)

ドラマ、動画配信、コミック、SNS、音楽、そして映画と独自の世界観を創り上げ、さらにライブでもその世界観を体現するなど、これまでに類を見ないメディアミックス展開を広げている総合エンタテインメント・プロジェクト「HiGH&LOW」。
あらゆる角度からエンタテインメントの可能性を追求し、壮大なスケールで多くのファンを虜にしています。

そのプロジェクトの中で映画第2弾となる『HiGH&LOW THE RED RAIN』が、いよいよ10月8日から全国ロードショー。
前作を凌ぐスケール、前作を上回る壮絶アクションで、またまた観る者を圧倒します!

02(w680)

5つのチームがしのぎを削るSWORD地区で、圧倒的な力を誇る雨宮兄弟。
兄・雅貴と弟・広斗は対照的な性格だが、固い絆で結ばれていた。
2人には尊龍という兄がいたが、1年前、弟たちの前から突如姿を消していた。

両親の命日の日、尊龍が顔を出すのを期待して墓を訪れた雅貴と広斗だったが、そこに現れたのは敬愛する兄ではなく、成瀬愛華という少女。
彼女は尊龍の行方の手がかりを握っているようで…。

03(w680)

最強雨宮兄弟にさらに兄がいたとは…。
この事実を知ったとき、衝撃を受けた人も多かったことでしょう。

雨宮兄弟を演じるのは、もちろんTAKAHIRO(雅貴)と登坂広臣(広斗)。
2人が繰り出すアクションは、これまでの『HiGH&LOW』シリーズ以上に強くしなやか。
そして彼らの兄を演じるのは、斎藤工。
抜群の演技力とセクシーさで、『HiGH&LOW』ワールドにさらなる厚みを生み出しています。

04(w680)

尊龍は何故、大切な弟たちを残して姿を消したのか。
兄と関わる人々との関係性を紐解くうちに、雨宮兄弟の過去の秘密も明らかになっていく本作。

出来立てホヤホヤの完成作を観て思ったことは…。
切なくもあり、でも希望もあり…。
この余韻、結構好きですね~。

縦横無尽に広がり続ける今後の「HiGH&LOW」プロジェクト。
その行方にますます期待大です!

05(w680)

HiGH&LOW THE RED RAIN
2016年10月8日から全国ロードショー
企画プロデュース:EXILE HIRO
監督:山口雄大
出演:TAKAHIRO、登坂広臣 / 斎藤工
吉本実憂 / 岩田剛典、鈴木伸之、町田啓太、山下健二郎、佐藤寛太、佐藤大樹、藤井萩花、坂東希、濱田龍臣、小野寺晃良、吉澤太陽、中井ノエミ
石黒賢 / 中村達也、早乙女太一、渡邉紘平、三浦誠己、小木茂光、片岡礼子、矢野浩二、近江谷太朗、長谷川初範 / 飯島直子 / 岩城滉一
©「HiGH&LOW」製作委員会
公式サイト http://high-low.jp/

八雲ふみね,しゃベルシネマ