榮倉奈々が感銘を受けた、「アンパンマン」制作スタッフの心がけ

ニッポン放送で毎週日曜日午後2時に放送中の「三菱電機プレゼンツ 戸田恵子 オトナクオリティ」。7月7日の放送は、ゲストに女優の榮倉奈々が登場。現在公開中の映画「それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫」で共演している二人は、これまでにも数多くの作品を共にし、プライベートでも親交が深い。そのため、二人だからこその素顔が垣間見える回となった。

「ダンドリ。~Dance☆Drill~」「僕らは奇跡でできている」などで共演し、仲の良い二人。戸田が榮倉の自宅を訪れた際は、榮倉が手際よくパスタなどの手料理を作り、振舞うなどしている。榮倉曰く「得意ではない分、ネットフル活用でレパートリーを考えたり、調味料にこだわったりしている」という。

そんな二人が共に試行錯誤を繰り返しているのが、自宅での「ぬか漬け」。ぬか床を毎日手入れしなければならないが、ドラマ撮影に入ると家に帰れなくなるためうまくいかず、戸田は「何回目かの挑戦をしていたけど、昨年諦めた」という。「手入れしていくのは楽しいけど、うまくいかないとめげてしまう」と戸田が話すと、榮倉は「わかります。めげそうです。難しい!」と共感していた。

また実はせっかちだという榮倉は、一日にソファにも椅子にも座らないという日もしばしばあり、リラックスしようと思わないとリラックスできないことが悩みだという。一方で戸田は「ひとたび椅子に座ったら終わり」というくらいくつろいでしまうそうで、宿題は最後にやるタイプだという。だが宿題については、榮倉も「せかせかと動いている割に、宿題とは違う細かなことをやってしまうため、結局やれていない」そうだ。

番組後半は、劇場版31作目にして、原作者・やなせたかしさんの生誕100周年記念作品となる映画「それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫」についての話になった。榮倉は収録開始前に「観ている子供たちの笑顔を思い浮かべながらやってほしいから、同じ気分になろう」という監督の狙いで、スタッフと一緒に歌を歌ったという。「そういう気持ちで作っているからこんなに楽しいんだ」と、制作チームの心がけに感銘を受けたという。戸田も毎回収録の際は楽しみながら臨んでおり、リハーサルでは出演者がそれぞれアドリブを足すなど和気あいあいとした雰囲気で行われているそうだ。

映画「それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫」は大ヒット公開中。ご家族で是非映画館に足を運んでいただきたい。

三菱電機プレゼンツ 戸田恵子オトナクオリティ
FM93AM1242 毎週日曜14:00~14:30
パーソナリティ:戸田恵子
番組ホームページ:http://www.1242.com/otokuri/

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.