東京にある特別天然記念物の桜

『東京の特別天然記念物』

東京にも『特別天然記念物』があります。それは『大島のサクラ株(かぶ)』です。

この”大島”とは”伊豆大島”のことで、住所は”東京都大島町(おおしままち)”です。地元の方は『サクラ株』ではなく『サクラッ株』と”小さい『ツ』”を入れて呼んでいるそうです。

こちらの桜は『オオシマザクラ』という品種で、ソメイヨシノよりも大きい白い花が特徴です。その『オオシマザクラ』の中でも最も古くて、最も大きい木が『特別天然記念物』に指定されています。

樹齢は800年以上で、高さは14m、幹の周りは8m以上にもなります。度重なる噴火にも焼け残っている、とても生命力の強い木です。古い木なので、たくさんのお花を咲かせることは出来ませんが、それでも毎年、この時期には香りの良い白いお花を咲かせてくれます。江戸時代、房総方面から大島に向かって海を渡る時は、船はこの桜の木を目印としていたそうです。

『大島のサクラ株』の名前ですが、枝の広がりが大きくて、地面に接した枝から根が生えていて、それがまるで株分けしたように見えることから、『サクラ株』と名付けられたそうです。”株分け”とは”大きくなった株を、いくつも分けること”です。元々は”1本の大きな木”でしたが、50年前頃から大きく傾き始めその後の台風で倒れてしまったそうです。それでも倒れてしまった太い枝は生き延びて、地面に根を伸ばして、地上には若い新しい芽が生まれて、新しい幹として蘇りました。

 

■杏樹さんの感想

特別天然記念物の名前は知っていても、それが全部でいくつあって、それぞれどれがそうなのかほとんど知らなかったので、今週は勉強の日々でした。

今週ご紹介した以外にも、たくさんの特別天然記念物がありますので下記などでご覧になって頂けたら・・と思います。

https://jataff.jp/monument/index.html

(4/1放送分より)

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい
ニッポン放送ほか全国ネット
ニッポン放送 毎週月曜~金曜 朝7:37から(「高嶋ひでたけのあさラジ!」内)
※ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。