往年のファンも納得の一作『スター・トレック BEYOND』 【しゃベルシネマ by 八雲ふみね・第77回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

1960年代、世界中を震撼させた「宇宙大作戦」シリーズ。
このコラムを読んでいる方の中にも、トレッキーが多くいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回の「しゃベルシネマ」では、10月21日から全国ロードショーとなる『スター・トレック BEYOND』を掘り起こします。

リブート三部作、ついに最終章!

01(w680)

「宇宙大作戦」の名で長年多くのSFファンに親しまれている人気シリーズをJ・J・エイブラムス監督の手でリブートした『スター・トレック』第3弾。
今作では、これまでメガホンを取ってきたJ・J・エイブラムスは製作に回り、『ワイルド・スピード』シリーズのジャスティン・リン監督が初参戦。
リン監督お得意の変幻自在なカメラワークは、無重力空間を描くのにピッタリ。
激しい肉弾戦と、めくるめくハイスピードアクションにも心躍ります。

02(w680)

宇宙の最果てにある未知の領域を探索中、惑星連邦の存在意義の真価を問う新たな敵と遭遇するジェームズ・T・カーク船長と、彼が率いるU.S.S.エンタープライズ号のクルーたちの戦いを描いた今作。
メインキャストには、おなじみの顔ぶれが揃いました。
カーク船長にクリス・パイン、スポックにザカリー・クイント、ウフーラにゾーイ・サルダナ、チェコフにアントン・イェルチンら、主要メンバーが続投。
それぞれのキャラクターがすっかり板に付き、特にクリス・パインにいたってはリーダーとしての風格さえ漂います。
またスコッティ役のサイモン・ペグが脚本チームに参加しているのも、嬉しいトコロ。
自他共に認めるSFオタクのサイモン、往年のシリーズファンも新たなSF映画ファンもニヤニヤが止まらない、そんな仕掛けをふんだんに盛り込み、ストーリーを盛り上げています。

03(w680)

見どころは、決して映像的迫力だけではありません。
惑星連邦の理念である“チームワークの大切さ”や“平和への希求”といったテーマを各シーンに落とし込むことで、『スター・トレック』シリーズが本来持つイデオロギーがくっきりと浮き彫りになっているのは、ファンならずともグッとくるポイント。

50年前に製作された「宇宙大作戦」シリーズから脈々と流れるテーマ性がしっかりと刻み込まれていることで、前2作とはひと味違った手触りに喜びを感じる人もいることでしょう。

04(w680)

最後に、本作は今年6月に事故で他界したアントン・イェルチンの遺作となってしまいました。
彼が演じるチェコフは『スター・トレック』リブートシリーズを通じてこの『スター・トレック BEYOND』がいちばん見せ場が多かったように思います。
27歳とまだ若く、将来が楽しみな俳優だったアントンに敬意を表して、今回は締めくくりたいと思います。

05(w680)

スター・トレック BEYOND
2016年10月21日から全国ロードショー
製作: J.J.エイブラムス
監督: ジャスティン・リン
出演: クリス・パイン、ザカリー・クイント、ゾーイ・サルダナ、サイモン・ペグ、カール・アーバン、アントン・イェルチン、ジョン・チョー、イドリス・エルバ、ソフィア・ブテラ、ジョー・タスリム ほか
©2016 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト http://www.startrek-movie.jp/

八雲ふみね,しゃベルシネマ