10/2(日)は人形の魂をお祓いして、感謝を込めて納める「明治神宮人形感謝祭」 【本仮屋ユイカ 笑顔のココロエ】

こんにちは、本仮屋ユイカです。
毎日を楽しく過ごすための秘訣やヒントをお伝えしていく笑顔のココロエ。
本日は好奇心くすぐる旬の情報をお届けします。

明治神宮人形感謝祭

明治神宮人形感謝祭(HPより)

今日ご紹介するのは東京の明治神宮で10/2(日)に開催される「明治神宮人形感謝祭」。

こちらは大切にしてきた人形に感謝の想いを込めてお別れをするお祭りとして平成元年にはじまり、今では東京の秋の風物詩の一つと言われています。

主催は「人形に感謝する会」。

そもそも日本には人形に魂が宿っていると信じられ、その思いを大切にする風習があることから、人形に感謝する会では人形の魂をお祓いして、感謝の気持ちを込めて納めるお祭りを毎年開催。
多くの方が古くなったり、理由あって手放す人形を持ち寄るそうです。

明治神宮人形感謝祭

(左)祭典開式/(右)納められた人形(HPより)

納められた人形らは本殿前の回廊に設けた台の上にギッシリと並べられ、神職によるお祓いがありますが、祭典では大太鼓の連打、御霊上げ、雅な装束を身に纏った二人の巫女さんによる神楽の演奏といった人形の魂を鎮める美しくも厳かな儀式も行われるそうです。

<本仮屋さんの感想>

面白いですね。人形感謝祭、こういう会があるといいですねえ。
この感謝祭にちなんで「思い出人形展」も開催されています。9/30から10/2まで。

植物は自分が疲れていると、その疲れを吸ってくれて代わりに枯れるという話をよく聞きますが、人形も同じことをしてくれるそうです。

その中でもキティちゃんとオラフがすごいらしいです。
キティはその形が丸と三角形でシンプルに構成されていてパワフルだそうです。
また、キティというその音の響きがパワフルなんだそうです。
もうひとつの、アナと雪の女王のオラフもとてもパワーがあるらしいです。

ご紹介した「人形感謝祭」、納めるには御祈願料が掛かるそうなので気になる方は事前に調べてみて下さい。

(2016/9/26放送分より)

『太田胃散プレゼンツ 本仮屋ユイカ 笑顔のココロエ』
(月)~(金) ニッポン放送15:36~ ABCラジオ14:54~