女子ソフト森山遥菜選手 「初球からどんどん積極的に振りに行く」

現在、女子ソフトボールリーグは9月までサマーブレイク中。女子ソフトボール日本代表も、日米対抗ソフトボール2019(仙台&東京)、2019JAPAN CUP 国際女子ソフトボール大会 in 高崎 など、合宿と試合で、来年に迫った東京オリンピックに向けて強化中です。

そんななか、「ニッポン放送女子ソフトボール情報」(毎週日曜 17:40~ショウアップナイタープレイボール内)では、前半戦を8勝3敗の3位で折り返した《ホンダリベルタ》のキャプテン・森山遥菜選手に話を聞きました。


■ホンダ リベルタ 森山遥菜 選手
1993年9月7日生まれ 165cm 右投右打

■「みんな積極的に振れていて、自分たちのやりたいように点がとれていたり…」

前半戦を8勝3敗の3位で折り返しましたが、キャプテンとしては、この出来はどうですか?

キャプテンとしての出来は、みんなが支えてくれて、チーム力で勝ったと思います。

今シーズンの好調の原因はなんですか?

みんな積極的に振れていて、バッティングで凄い、自分たちのやりたいように点数が取れたりだとか、自分たちのソフトが出来ているからだと思います。

前半戦で印象に残っている試合はありますか?

印象に残っている試合は、やっぱり開幕節の試合ですね。8年ぶりに開幕戦で勝てて少し緊張もあったんですけど、でも試合に入れば、みんなやってやるぞ! という雰囲気もあったし、今までにない攻めのソフトができたと思います。

チーム内では、勝っていくうちに『調子いいな』とか、話題になりましたか?

そうですね、ピッチャー陣も本当に安定をしていて、自分たちもバッティング面で積極的に振りに行けているという所があって、勝因につながっているねという話はしたことがあります。

シーズン前のキャンプは、どんな所に気を付けてやってきましたか?

やっぱりバッティングが、本当に主に大事という話をしていて、バッティングを強化していこうという事でキャンプはやってきました。


■「去年は積極性がなかったので、結果にも繋がらなかったと…」

ここ2年、特に去年は開幕7連敗(8勝14敗10位)など、打線がうまくつながらなかった印象を受けますが、去年のシーズンを振り返るとどうですか?

去年は、やっぱり積極性がなかったので結果にもつながらなかったと思うし、また考えるんですけど、去年は考え過ぎていたと思います。

結果が出ないと考え込んで、悪い方へのスパイラルが止まらない! という感じでしたか?

そうですね、悪循環な感じもあったので、そこはあると思います。

今年は、打順的には変更がない感じがしますが、去年と今年の打線の違いを教えてください

違いは、長谷川が入って仕事をしてくれて、戦術的にもサインに従って攻撃的にやっていますが、打線としては一番、長谷川の役割が凄くキーマンになっていたなと思います。

長谷川選手がランナーで出ると、後ろも活気づきますか?

そうですね。

ピッチャー陣としてはフォード投手が好調ですが、キャプテンから見てフォード投手はどんな投手ですか?

普段はすごく優しくて、試合になると負けん気が強くて、本当にピッチャーだなって感じます。

打線では大塚選手が好調ですが、去年の成績からすると大きな成長をしたのかなと思いますが、キャプテンから見てどうですか?

1年目の時からチャンスには強いバッターで、結果を出してきたからこそ、今年の結果というのはすごく自分自身もうれしいし、なるべくしてなったというか。努力もしているし、いい所で打ってくれて信頼もしているので、自分自身もうれしいです。

■「初球からどんどん積極的に振りに行って、ダメだったらお願いしますというような気持ちで…」

前半戦の成績を自分で評価するとどうですか?

ホームランは少ないんですけど、打率としてはいいかなと思っています。

一昨年(2017年度)はホームラン8本で、ホームランクイーンにもなりました。もうちょっと打ちたくないですか?

打ちたいなという気持ちはあるんですけど、本当にチームが勝つことが最優先なので、勝つために自分の役割を全うするだけだと思っているので、それに自分の結果がついてくればベストだと思っています。

打順は、去年・今年と3番に固定されていますが、どんなことに気を付けていますか?

自分で返そうとは思わずに、チャンスが回って来たら初球からどんどん積極的に振りに行って、あとはダメだったらお願いしますというような気持ちで入っています(笑)。

森山選手以外は、あまり打順が固定されていませんが…

その日の選手の状況だったり、対戦相手だったりで打順は変わってくるので、固定している人は固定しているんですけど、そこは監督・コーチが考えてやっているので。

後半戦、どんな感じでリーグ戦を迎えたいですか?

やっぱりバッティングの所で他チームは警戒してくると思うので、個人個人のデータだったり、しっかり振り返りをして、いい状態で入れればと思っています。

個人的に、後半戦にむけて取り組むことは?

バッティングですね。もうちょっと打ちたいです(笑)。

改めて、今シーズンの目標を教えてください

今シーズンの目標は、決勝トーナメントに進出して優勝することです。

今年はデンソーの調子がいいですが、当たってみてどうですか?

そうですね。前半戦で当たった時は日本人ピッチャーだったので、何とも言えないのですが、でもデンソーに対しては打ち勝っていけているので、そこの部分では後半戦もぜったいピッチャーが変わってくると思うので、そこを研究して次の試合に入れればなと思います。

今年のリーグ戦は混戦ですが、森山さんから見てどうですか?

どこのチーム相手でも落とせないという印象で、一戦一戦が勝負になってくるので、気がぬけない試合が続きます。

最後に、ホンダファン、ソフトボールファンにメッセージを

いつも熱い声援ありがとうございます。後半戦は9月からのスタートになりますが、これからも引き続き、皆さんの温かいご支援、ご声援をお願いします。

Hinda Reverta(ホンダ リベルタ) http://www.honda-tochigi.com/softball/
日本女子ソフトボールリーグ機構 https://jsl-women.com/
チケットインフォメーション https://jsl-women.com/static_pages/view/ticket/

*写真は、チームからお借りしたものと、編集部で撮影したものです。

(よこいみちひと)

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.