三遊亭小遊三 落語芸術協会の役職から逃げ出す!?

落語家の三遊亭小遊三がニッポン放送「春風亭昇太と乾貴美子のラジオビバリー昼ズ」(6月12日放送)に出演し、落語芸術協会での会長代行の仕事について明かした。

普段から会うことの多いという三遊亭小遊三とパーソナリティの春風亭昇太は、先日、落語芸術協会の理事会でも一緒になったばかりとのこと。

昇太「この前(理事会に)行ってきましたよ。熱海五郎一座やる前に行って、途中で帰ってきましたけど」

小遊三は、落語芸術協会では『会長代行兼副会長』という立場。理事会では話し合いを進める役割ということで、その時の様子について語った。

小遊三「では、第1議案は……とか言って。第3議案、お囃子のケツを触らないようにってね」

乾「ハッハッハ(笑)」

そして気になる落語芸術協会の会長の椅子についてだが、今月の総会で正式発表されるという。

小遊三「もう内定はしているんだけどね……一応内定だからね」

そんな中、理事会での小遊三について、昇太がこんなことを暴露。

昇太「この前の理事会で、小遊三師匠が全ての役職から逃げようとしたのよ。『いろいろやりましたから、これで』みたいな。それが決まりそうになったから、慌てて手を挙げて『すいませんけど、何かにはついてください』って言って止めたの」

小遊三「だって副会長やってもう14年だよ。そのけつっぺたの1、2年は会長代行でさ」

昇太「そのけつっぺたくらい会長やってくださいよ。『俺はさ、体の調子がよくないから』とか言って、この前ゴルフしてんのよ」

乾「いいですね~。もうかっこいいですよ(笑)」

はたして小遊三は本当に役職から去るのか。落語芸術協会の発表が待たれるところだ。

 

高田文夫のラジオビバリー昼ズ
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 11:30~13:00

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.