若い女性は「鉄欠乏性貧血」に注意~鉄分は何の食材でとる?

「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」(6月16日放送)に、日本栄養士会会長の中村丁次が出演。バランスのよい食事について語った。


淵澤)日本人が食生活の改善に取り組むように、厚生労働省が文部科学省や農林水産省と協議して策定した「食生活指針」があります。全部で10項目あるのですが、私はこのなかで「適度な運動とバランスのよい食事で、適正体重の維持を」が特に気になります。

中村)どんな食事を優れた食事と言うかは、たくさんの議論があります。簡単に言いますと、摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスがよく、すべての栄養素が過不足なくとれているのが、優れた食事ということになります。しかし日常的にはこれを計算することも、はかることもできないですよね。
エネルギーをとり過ぎているか不足しているかは、体重の変化を見るのがいちばん簡単です。しかも朝起きてトイレに行った後の寝起きの体重。空腹時の体重ですから、最もあてになります。食後のお風呂に入る前に体重をはかっても、ほとんど意味はありません。
適正体重はBMIで計算します。これは身長を二乗して、体重から割った数値です。BMI = 体重(kg) ÷ 身長(m)2。この値が18.5~25の間に入るかが大事です。25以上になると太りすぎ、18.5以下になると痩せすぎです。
特に心配しているのが、若い女性で過度なダイエットをしている人たち。18.5以下の人たちが随分います。これは大きな問題です。

自見)貧血などは、気づかない間に進んでいることがありますよね。

中村)三大欠乏症というものがありまして、「鉄」と「ヨード」「ビタミンA」です。人間の食事を考えたとき、この3つが欠乏しやすいのです。「ヨード」に関しては、日本人は海藻を食べるのであまり心配はありません。「ビタミンA」は戦後直後は問題でしたが、肝油ドロップと食事を欧米化することで、徐々に乗り越えて来ました。
問題は「鉄」です。「鉄欠乏性貧血」は、いまでも若い女性が悩んでいると思います。「鉄」はとりにくいのです。

淵澤)食品で「鉄」がとりやすいものは何ですか?

中村)いちばんはレバーです。お肉や内臓類を食べた方がいいと思います。

自見)食べ過ぎるとレバーは「ビタミンA過剰症」になることもあるので、まさに適切なバランスが重要ですね。

すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト
FM93AM1242ニッポン放送 日曜 6:04-6:13

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.