鈴木杏樹のいってらっしゃい

知ってる?ファッションショーの服は売り物ではありません 【鈴木杏樹のいってらっしゃい】

ファッションショーの映像や写真をご覧になった時、“この服って、一体誰が着るの?”と思わずにいられないほど、衝撃的なデザインのものを見かけたこと、ありませんか?
もの凄く派手なデザインだったり、スケスケのシースルーだったり、ビックリする洋服があります。

こうした“衝撃的な服”は、どちらかと言えば“売るため”というよりも”ファッションショーの舞台で見せるため”の服なのだそうです。
実際、各ブランドでは『ファッションショーに合わせた服』、つまり『ショーのための服』と、それとは別に『実際に売るための服』の2つを用意しているのだそうです。

現在のファッションショーは“新しいコレクションの発表の場”でその模様は様々なメディアを通じて、全世界に伝えられています。
そうなると限られた短い時間の中で、いかに新しいコレクションをアピール出来るか?インパクトを残すことが出来るか?ということが重要になってきます。

そうなると“斬新で個性的で、強烈なインパクトのある服”は注目を集めやすくなります。
新聞や雑誌などで、写真付きで取り上げられる服は、強烈なインパクトのあるものが多いですが、その分、見た人達の目に留まりやすく、どこのブランドなのか気になりますよネ。
“エッ!あのブランドが、こんな大胆な服を出すの?”と思わせるだけで、効果はあった・・ということになります。

■杏樹さんの感想 

『オートクチュール』に『プレタポルテ』、『ファッションショー』に『コレクション』。
よく耳や目にする言葉ですが、この違いについてちゃんと理解していませんでした。
そういう意味でも勉強になりました。
ファッションショーに登場する、奇抜なお洋服の謎(笑)も初めて知りました。
確かに奇をてらった服は、目を引きますし、注目されますよネ。

ファッションショーもコレクションも、なかなか見る機会がないのでどんな雰囲気なのか、見てみたいと思います。
ステージの花道を歩く(ランウェイ)はちょっと無理ですが(笑)

(2016/9/23放送分より)

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい
ニッポン放送ほか全国ネット
ニッポン放送 (月)~(金) 朝7:37から(「高嶋ひでたけのあさラジ!」内)
※ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.