名曲に見る『君の名は。』!? 【歌謡曲ここがポイント!】

歌謡曲 ここがポイント! チャッピー加藤(ヤンヤンハイスクール講師)

最近、ますます注目されている昭和歌謡。
この講座では、日本人として最低限覚えておきたい歌謡曲の基礎知識を、わかりやすく解説していきます。

興行収入が100億円を超え、記録的な大ヒットとなった新海誠監督の『君の名は。』。名前と言えば、歌謡曲には「女性の名前」をタイトルにしたヒット曲がたくさんあります。ざっと思い付くだけでも、『順子』(長渕剛)、『安奈』(甲斐バンド)、『SACHIKO』(ばんばひろふみ)、『いとしのエリー』(サザンオールスターズ)…具体名が出ると、それだけ曲に入り込めるからでしょうか。特に、好きな女性と同じ名前だった場合、ついカラオケにも力が入るというものです。

というわけで今回は、「女性名をタイトルに掲げた名曲」を押さえておきましょう。

キャンディ,原田真二

青山学院大在学中に18歳でデビュー。その早熟な才能で当時のミュージックシーンに衝撃を与えたのが、原田真二です。広島の高校生だった原田は、新興レーベル・フォーライフレコードの新人オーディションに応募。上京した年に、吉田拓郎のプロデュースで「3ヵ月連続リリース」という前代未聞のデビューを飾りました。まずは77年10月に、デビュー曲『てぃーんず ぶるーす』を発表。続いて11月にリリースした第2弾シングルが『キャンディ』です。

「♪キャンディ〜アイラヴュ〜」とピアノで弾き語る姿を見て「シンジー!」と黄色い声援を浴びせていた女性ファンたちは、脳内で「キャンディ」を自分の名前に置き換えてウットリしていたに違いありません。

12月リリースの第3弾『シャドー・ボクサー』もヒットし、原田は「3曲同時にオリコンベスト20入り」という快挙も達成しました。作曲はすべて、原田自身というのも押さえておきたいところです(作詞は松本隆)。

おゆき,内藤国雄

手掛けた曲は2000曲以上、『天城越え』の作曲でも知られる演歌界の大御所といえば弦哲也ですが、もともとは歌手でした。北島三郎の勧めで並行して作曲活動を始めますが、その作曲家デビュー作が、内藤国雄『おゆき』です。

内藤は当時、現役の将棋九段で、タイトルを何度も獲得しているトップ棋士でしたが、かつて歌手を志したこともあり、歌も一流という噂を聞きつけたCBSソニーの関係者が口説き落とし、この曲でデビューが決定。異色の新人歌手として話題になり、ミリオンセラーの大ヒットとなりました。

このヒットのお陰で、作曲家としてやっていく自信を付けた弦は、80年に川中美幸の『ふたり酒』を大ヒットさせ、やがて専業作曲家としての道を歩むことになります。

メリー・ジェーン,つのだひろ

女性名の曲といえばもう一つ、この曲を忘れてはいけません。ディスコのチークタイムに欠かせない、つのだ☆ひろ『メリー・ジェーン』。最初に発表されたのは71年で、当時つのだが、ギタリスト成毛滋と結成したバンド「ストロベリー・パス」のアルバム収録曲でしたが、翌72年につのだのソロシングルとしてリリース。チャート上位に顔を出すことはありませんでしたが、異例のロングセラーとなり、累計ではミリオンに到達したようです。

以前、ある番組でつのだ氏ご本人に、「この曲にモデルになった女性はいるんですか?」と聞いたところ、外国人のガールフレンドをイメージして曲を書いたそうですが、彼女の名前は語呂が悪く、その友達の名前「メリー・ジェーン」を拝借したそうです。ちなみにそのメリー・ジェーンさんは「可愛くなかった」そうで、聞かなきゃよかった…。

他にも女性名の入ったヒット曲はたくさんありますが、歌い手や作詞家・作曲家の思いがこもる分、名曲が多いような気がします。ぜひチェックしてみてください。

「タイトルに女性名が入った曲」ここがポイント!
・古井戸『さなえちゃん』
…RCサクセションのチャボが加入前に在籍したフォークデュオ。実況録音盤でヒット。

・松尾清憲『いとしのロージー』
…ニッポン放送『三宅裕司のヤングパラダイス』オープニング曲。軽快な傑作ポップ!
・沢田研二『アマポーラ』
…映画主題歌をジュリーが甘くカヴァー。訳詞は湯川れい子が担当

【チャッピー加藤】1967年生まれ。構成作家。
幼少時に『ブルー・ライト・ヨコハマ』を聴いて以来、歌謡曲にどっぷりハマる。
ドーナツ盤をコツコツ買い集めているうちに、気付けば約5000枚を収集。
ラジオ番組構成、コラム、DJ等を通じ、昭和歌謡の魅力を伝えるべく活動中。
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.