テリー伊藤が分析 “団塊の世代”はココが変

ニッポン放送「あなたとハッピー」(5月27日放送)に、タレントのテリー伊藤が出演し、特集『団塊の世代はココが変だ!』に対して、解説した。

 

戦後の第一次ベビーブーム、1947~1949年生まれの人たちを表した言葉である“団塊の世代”。高度経済成長のまっただ中を生きてきた世代であり、企業が右肩上がりで成長、仕事の手応えも十分!戦後の日本を自分たちが支えてきたという自負が強い世代。

およそ800万人とも言われる団塊の世代について、テリー伊藤は、

「何が一番わかりやすいかというと、学校のクラスが多かったですよ!40-50人で、4クラスとか!地方だと8クラスくらいあった!」

とその数の多さが印象的だと語った。そんなテリーは、自身もまさに団塊の世代。自分が団塊の世代で、特徴を熟知しているからこそ、団塊世代のココが変だ!と思うところがあると明かした。

まず最初は『議論好きだが、論理性が無い!』!

「例えば、トランプ大統領が嫌いだ!と言って、理由を聞くと髪型が嫌いとか!とにかく議論をする自分が好きなんですけど、じゃあどこが嫌いなのかというと論理性がないんです!」

続いて『「のんびり行こう!」と言いながら、全然そうじゃない!』!

「これからの時代はのんびり行こうぜ!と言いながら、全然そうじゃないんです!僕もハワイに行って本を読んでいる男ですから!」

最後は『勝ち負けを決めたがる!』!

「一番わかりやすいのは、サウナですね!サウナで会った事もない人が隣に座ると、あいつには負けたくない!と、少しでも長くいようと、サウナ戦争が起きるんです!人生を勝ち負けで考えているんですよ!」

いろいろな特徴がある団塊の世代。テリー自身が団塊の世代ということで、熱い解説となった。

垣花正 あなたとハッピー!
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 8:00-11:30

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.