山田邦子 平成時代の自分は『うるさすぎ!』

お笑いタレントの山田邦子が、ニッポン放送「高田文夫と松村邦洋と磯山さやかのラジオビバリー昼ズ」(5月10日放送)に出演し、芸能生活40周年を振り返った。

今年で芸能生活40周年を迎えた山田。「高田文夫のビバリー昼ズ」も、今年で放送30年を迎えたとあって、「開始当初はお互い若かった」と高田と昔を懐かしんでいた。また、元号が平成から令和に変わり、「平成のバラエティ」を振り返る番組が放送され、山田が出演した番組が数多く取り上げられていたことにも話が及んだ。

お笑いだけではなく、『野々村病院物語』、『不良少女と呼ばれて』といったテレビドラマにも多数出演していた山田。当時の自分を「あの時の私はうるさかったね~。『いってみよ!』とか言って」と苦笑しながら振り返った。そんな山田の、芸能生活40周年記念舞台「山田邦子の門」が5月22日より開催される。

邦子「元女子プロレスラーの、芸能プロダクション社長の役なんですよ」

高田「すごい役だね」

邦子「プロダクションのタレント達で、プロレスのショーをやろう! っていうお話ですね。プロレスラーの知り合いも多くて、観に来てくれるんですけど、ステージに上げちゃおうと……」

高田「出しちゃうの! 贅沢だね~」

舞台では、芝居の他にも歌やお笑いのネタもあることを明かした山田。さらに5月26日(日)の公演では特別なイベントが用意されているとのこと。

邦子「この日は、令和の『邦子祭り』ということで、お芝居をやらずにネタばっかりやりますので、それ狙いでもいいですよ」

芸能生活40周年記念舞台「山田邦子の門」は5月22日から29日まで、紀伊國屋サザンシアター(東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 タカシマヤタイムズスクエア南館7F)にて開催される。

高田文夫のラジオビバリー昼ズ
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 11:30~13:00

 

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.