ライター望月の駅弁膝栗毛

岡山駅「令和記念弁当 岡山三昧」(1280円)~昭和・平成・令和の3つの味を1つの折で食べくらべ!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

381系電車・特急「やくも」、山陽本線・庭瀬~中庄間

岡山と出雲市の間を結んでいる、特急「やくも」号。
途中、倉敷まで山陽本線を走って、伯備線(はくびせん)を走破。
伯耆大山(ほうき・だいせん)から山陰本線に入って、出雲市まではおよそ3時間の旅です。
国鉄形の381系電車は、昭和57(1982)年のデビュー。
昭和・平成・令和と3つの時代を駆け抜ける車両となりました。

令和記念弁当 岡山三昧

 

3つの時代を駅弁で辿ることが出来るのが、岡山駅の「令和記念弁当 岡山三昧」(1280円)。
岡山駅を拠点に駅弁を手掛ける「三好野本店」が、今月5月1日から発売しました。
西日本でも“改元記念駅弁”は、山陽新幹線沿線を中心に花盛り!
このような“記念駅弁”は期間限定で販売されるのが一般的ですので、ちょうど改元のタイミングで岡山エリアを訪れたのなら、ぜひ手にしておきたいものです。

(三好野本店)
http://www.miyoshino.com/

令和記念弁当 岡山三昧

【お品書き】
・岡山名物・祭ずし(昭和・伝統の味)
・黒毛和牛・千屋牛のしぐれ煮(平成の人気駅弁)
・国産あなごめし(令和イチオシの味)

 

令和記念弁当 岡山三昧

三好野本店の令和記念駅弁は、時代で区切ったちょっと面白い切り口です。
昭和30年代からの岡山の名物駅弁・祭ずしを「昭和」。
平成の間に人気駅弁に育ってきた岡山のご当地ブランド・千屋牛の牛めしを「平成」。
そして、これから“推して”いきたい「国産あなご」を使ったあなごめしを「令和」の味と位置付けて、岡山の“定番の味”を1つの折で食べられるおトクな駅弁です。

 

N700A新幹線電車「のぞみ」、山陽新幹線・岡山~相生間

「三好野本店」によると、この「令和記念弁当 岡山三昧」、5月20日(月)から期間限定で、山陽新幹線「のぞみ」などで行われている車内販売での取り扱いも始まったそう。
また、西日本エリアの駅弁がウェブ予約できる「駅弁おとりおきサービス」にも対応しています。
令和の時代、駅弁もまた、スマートフォンなどからの“買いやすさ”が求められる時代に入ってきているともいえましょう。

(駅弁お取りおきサービス)
https://ekiben.gr.jp/yoyaku.php

 

駅弁 望月崇史 ライター望月 駅弁膝栗毛

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.