何度行っても迷う駅「こじらせ駅」とは?

ニッポン放送「垣花正あなたとハッピー」(5月13日放送)で、池袋駅の話題『池袋から北口と南口が消滅していた!』を紹介した。

JRのほか、西武鉄道の池袋線と東武鉄道の東上線が乗り入れていて、1日平均およそ260万人が利用する「池袋駅」は、何度行っても迷ってしまう駅の代表格である。

そもそも混乱を招く最大の要因とも言えるのが、複雑な駅の構造と分かりにくい出口の表記。鉄道会社でバラバラだったり、北口・南口と言いつつ西側にあったりと、混乱してしまうものが多い。

そんな、こじらせ駅の池袋駅は3月22日から、東武鉄道・池袋駅の出入り口の表記を変更!北口は西口(北)、西口は西口(中央)、南口は西口(南)と変わったが、利用者にとっては分かりにくいままである。

そんな池袋駅のような何度行っても迷う分かりにくい駅「こじらせ駅」は、きっと誰にでもあるはず。そこで番組では、リスナーの皆さんに緊急調査を実施。ツイッターとメールで「こじらせ駅」を教えてもらった。

ツイッターでは、『小田急線の新宿駅から「西口出口」に出たいのに、いつも出られない!』と新宿駅が分かりにくいという情報が!都営大江戸線の「新宿西口駅」と東京メトロ丸ノ内線の「西新宿駅」があるので、迷ってしまう方は多いだろう。

また、他の方からは、『神奈川には小田急線の「本厚木駅」とJR相模線の「厚木駅」があり、「本厚木駅」は厚木市の中心部にありますが、「厚木駅」は相模川を挟んだ海老名市にあって非常にややこしい!』という投稿も寄せられた。

 

垣花正 あなたとハッピー!
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 8:00-11:30

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.