還付金詐欺 100万円をネットバンキングで引き落とす手法とは?

ニッポン放送「垣花正 あなたとハッピー!」(5月9日放送)で、詐欺についてエピソードを紹介した。


番組では、リスナーから寄せられた“詐欺”に関する体験談を、毎週紹介している。今回は、関東に住む50代の男性からいただいたエピソードを紹介した。

つい2, 3週間前のこと、ウチの妻が、ネットバンキング詐欺に遭いました。まず、市役所から委託された業者と名乗る男から、3万円弱の還付金があると、電話が来たそうです。

「還付金を入金するにあたり、手数料が必要なため、指定の振り込み先に、お金を振り込んで欲しい」 

妻は、還付金欲しさに、コンビニのATMへ。男に言われるまま、振り込みの手続きをしていたところ、こんな違和感を覚えたそうです。

「あれ?どうして、振込先の口座が個人名義なのかしら?怪しい。もしかして、これって。 あの、やっぱり、還付金いりませんので、失礼します」

そう言って、妻は電話を切りました。ですが、これだけでは、終わらなかったんです。妻が電話を切った直後、今度は、市役所の職員を名乗る男から、こんな電話がありました。

男「先ほど、委託業者から電話があったと思いますが、お手数おかけして申し訳ございません。お持ちの銀行のネットバンキングをインターネットで作っていただけましたら、私どもの方で手続きさせていただきます」
妻「ネットで?でも難しいんじゃあ・・・」
男「ご安心ください。手続きも簡単ですし、私の方でご案内しますから」
妻「それでしたら・・・。よろしくお願いします」

電話相手が市役所の職員と名乗ったからでしょう。妻は、その男を信じ、口座番号や暗証番号など、様々なデータを言葉巧みに訊かれ、答えてしまったそうです。

その後、妻は、コンビニから帰宅し、冷静になり、やはり、「何かおかしい」と、警察に相談。警察からは、「詐欺に間違いない」と言われ、銀行の振り込め詐欺の相談窓口を紹介されたそうです。そして、問い合わせてみたところ、なんと、ネットバンキングに勝手にログインされ、100万円が引き落とされそうになっていたことが発覚。幸いなことに、相手の口座が別の銀行であり、また、金曜日の時間外であったため、即日振込されることなく、口座を凍結することができ、ギリギリで被害を免れました。

ウチの妻は、お金の管理に関しては、しっかりしている方で、普段から、「振り込め詐欺なんて引っ掛かるワケない!」と豪語していましたが、今回のことで、すっかり落ち込んでいます。また、騙されそうになったことが、「恥ずかしい」と、今回の件に関しては、私も口止めをされていたのですが、今回、リスナーの皆さんにも、十分注意して欲しいと、メールを送りました。

自分は、大丈夫だと思っている人ほど、騙されてしまうので、どうか気を付けてほしい。

 

垣花正 あなたとハッピー!
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 8:00-11:30

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.