あなたはどこまでも人を信じられますか?『怒り』 【しゃベルシネマ by 八雲ふみね・第72回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回の「しゃベルシネマ」では、早くも日本アカデミー賞総ナメの呼び声も高い衝撃作『怒り』を掘り起こします。

原作:吉田修一 × 監督:李相日、世界を席巻した最強タッグ再び!

怒り

東京・八王子で起こった残忍な殺人事件。
犯人は現場に「怒」という血文字を残し、顔を整形してどこかへ逃亡していた。
それから1年後、千葉、東京、沖縄に、それぞれ前歴不詳の男が現れる。
千葉の漁港で暮らす洋平と娘の愛子の前には、田代という青年が。
東京で大手企業に勤める優馬は、街で直人という青年と出会う。
そして沖縄に転校してきた女子高生・泉は、田中という男と遭遇する。
3人の男と出会った人々はその正体をめぐり、 疑念と信頼のはざまで揺れ動く…。

怒り

吉田修一の原作を映画化した『悪人』で国内外で高い評価を得た李相日監督が、再び吉田原作を映画化した群像ミステリー。
原作を読んだ方なら、この濃密な人間ドラマの映画化がいかに難しいか、よくお分かりでしょう。
しかしそこは、李相日監督。
決して交わらない三つの土地で展開する物語を丹念に描き、人を信じることの難しさと脆さを浮き彫りにしました。

怒り

キャストには渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、宮崎あおい、妻夫木聡など、日本映画界を代表する豪華キャストが集結。
これだけの名前が連なると「とても華やかな顔ぶれで…」と言いたいトコロなんですが…。
これが随分と様子が違って、ですね。
これまで演じたことがないタイプのキャラクターにそれぞれチャレンジしているのが、本作の面白いトコロなんです。
例えば、渡辺謙さんは優柔不断な漁師のおじさん、宮崎あおいさんはぽっちゃり体型の風俗嬢、綾野剛さんと妻夫木聡さんはゲイのカップル。
揃いも揃って冒険しすぎ、しかもそのタガの外れっぷりが素晴らしいコトと言ったら…。
「役を演じる」のではなく「役として生きる」ことを求められる李組。
人間の本質を映像に焼き付けるために、ひょっとしたら自らの弱さや醜さまでもさらけ出しているのでは…と感じずにはいられない、演技を超えた“何か”に心を揺さぶられます。
日本アカデミー賞総ナメ!の呼び声にも納得の一作です。

怒り

上映時間、2時間22分。
悪とは、業とは、怒りとは何なのか…。
本作は徹底的に私たちに問いかけます。

人を信じるとは、一体どういうことなのか。
形がないものを信じることは困難なのか、それとも形があれば何でも信じることが出来るのか。
その執拗なほどの問いかけは、人間の根源に迫り、観客までも試しているように感じます。
そのひとつが、劇中に登場する犯人のモンタージュ写真。
このモンタージュ写真が登場するたびに、観る者の感情を惑わせ、疑念を抱かせます。
それは同時に「真実とは何か」という究極の問いかけでもあるのです。

怒り

本作は「ちょっと時間が空いたから映画でも観る?」という軽いノリで観るタイプの映画ではないかもしれません。
しかし、日本映画史に深く刻まれる傑作であることは確か。
最大のミステリーとは、実は人間の心の内なのかもしれません。

怒り
怒り
2016年9月17日から全国東宝系にて公開
監督・脚本:李相日
原作:吉田修一(「怒り」中央公論新社刊)
出演:渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、佐久本宝、ピエール瀧、三浦貴大、高畑充希、原日出子、池脇千鶴、宮崎あおい、妻夫木聡 ほか
©2016映画「怒り」製作委員会
公式サイト http://www.ikari-movie.com/

八雲ふみね,しゃベルシネマ