青森・奥入瀬渓流を歩かず楽しむ方法は「遊歩道でうずくまる」?

青森県の奥入瀬渓流。
奥入瀬渓流の楽しみ方といえば、渓流沿いの遊歩道を歩きながら、流れや滝を眺めたり、色鮮やかな紅葉を楽しんだり。

downimage_00001428downimage_00004055downimage_00001422
でも最近「歩かないで」奥入瀬渓流を楽しむ人たちが増えているらしいのです。

1264465_832871123410398_4233307625705171644_o
遊歩道で具合が悪い訳でもないのにじっとうずくまる女性。彼女は道端でうずくまりいったい何をしているのかというと・・・

■奥入瀬で楽しむ300種類の「コケ」
2014年の調査で奥入瀬には300種類以上の苔(コケ)が生息していることが明らかに。
奥入瀬といえば「渓流」と「滝」が代名詞なんですが、渓流の流れの中の岩や水際、水飛沫のかかる滝のそばに生息するコケは奥入瀬の代表種です。
2013年奥入瀬渓流は「貴重なコケ類が豊富に生育し、豊かな景観を育むコケの森である」と讃えられ日本蘚苔類学会から”日本の貴重なコケの森”に認定されました。
先ほどの女性はコケを見ていた女性なんですね。

■ここで奥入瀬渓流に生えるコケをご紹介

タニゴケ

タニゴケ(水際や流れの中の岩に密生)

オオバチョウチンゴケ2

オオバチョウチンゴケ(水際や流れの中の岩に密生)

DSCF8388

エビゴケ(火山性の岩石に密生)

■コケを愛でるツアー、あります
そんな奥入瀬渓流ではNPO法人奥入瀬自然観光資源研究会が主催の「コケを愛でるツアー」が開催されています。
初心者向けから上級者向け、さらに冬~春に開催されるツアーもあり、ルーペ(無料)やマクロ撮影用のカメラ(有料)の貸出もあるので気軽に参加できます。

・コケさんぽディープ~じっくり楽しむコケの森~
催行時間 3時間
催行人数 1名~5名
催行時期 4月下旬~11月上旬

・コケさんぽライト~コケガールと行く!気軽に愉しむコケの森~
催行時間 90分
催行人数 1名~5名
催行時期 4月下旬~11月上旬

・雪の奥入瀬さんぽ~クリスタルファンタジー~
催行時間 2時間
催行人数 1名~5名
催行時期 2月~3月(※雪の状態により催行を判断)

ツアー問い合わせ:NPO法人奥入瀬自然観光資源研究会 http://www.oiken.org/

ちなみに奥入瀬渓流では自然物の採取は禁止されていますので、観察した後に元の場所に戻してくださいね。

(しゃベル編集長:五戸勝徳)