亡くなった人の霊はあなたのしあわせを祈り、あなたを守ってくれます 【瀬戸内寂聴「今日を生きるための言葉」】 第43回

瀬戸内寂聴

祈りは答えを求めるものではありません。

自分を投げだし、自分を無にして、生まれたままの自分にもどることです。

我(が)を捨てさせてもらうための祈りです。

神も仏も、共に苦しみを分けもっていてくださることを感じるための、祈りなのです。

瀬戸内寂聴

瀬戸内寂聴プロフィール

撮影:斉藤ユーリ


出典:『生きる言葉 あなたへ』光文社文庫