10時のグッとストーリー

常連客から22年続くうどん屋店主に! 一から修行した男性の決意

番組スタッフが取材した「聴いて思わずグッとくるGOODな話」を毎週お届けしている【10時のグッとストーリー】

「うどんの本場」と言えば、やはり関西。その関西のうどんを研究して、東京でお店を開き、都内屈指の名店にしたご主人が高齢のためお店をたたむことに……。それを聞いて「自分が継ぎます!」と、ある若い常連客が手を挙げました。きょうは、一から修行を積み、のれん継承を許された男性のグッとストーリーをご紹介します。

うどんの名店「花坊」店内

東京・世田谷区……小田急線沿線の街・経堂。駅を降りて、東京農業大学に向かう農大通り商店街を進み、最初の路地を左に曲がるとすぐ「手作りうどん」の看板が見えます。

この場所に開店して、今年で22年目になるのが関西うどんの名店「花坊(はなぼう)」。先代のご主人で、創業者の正田辰夫さんはかつて関西に住み、比叡山のお寺で修行した異色の経歴の持ち主。関西でうどんの研究を重ね、58歳のとき経堂に店を構えました。

「花坊」という店名は、比叡山の僧侶から授かったものです。澄んだうどんつゆは、上質のかつお節など何種類もの素材を重ね、うまみがたっぷり。さらに店内でご主人自ら打つうどんは、コシがあり、ツルツルとのどごしも最高。うどん好きの間で評判になり、たちまち人気店になりました。

ところがおととし、80歳手前になった正田さんは「毎日うどんを打つのは体力的に限界」と、お店をたたむことを決意。その話を聞いてショックを受けたのが、何度も通っていた常連客の1人、山城裕輔さん・37歳です。

「花坊」2代目店主・山城裕輔さん

「仕事が終わると『花坊』に寄って、天ぷらを肴に日本酒を飲みながら、最後はうどんで〆めるのが至福のひとときだったんです。それがなくなってしまうなんて……」

山城さんは、もともとアパレルの会社に勤めていましたが、「いつかお店をやってみたい」と一念発起。会社を辞めて、和食系の居酒屋で5年、さらに天ぷらの名店で3年働き、修業を積んでいました。その頃、経堂に住み始めた山城さん。たまたま見つけた「花坊」のうどんと美味しい天ぷら、お店の雰囲気も気に入り、足繁く通うようになったのです。

「花坊うどん」と野菜天ぷら

ご主人・正田さんも、山城さんの飲みっぷりの良さと人柄が気に入って、お客さんが引けた後、独立を目指す山城さんの相談に乗ってくれるようになりました。それだけに正田さんが店をたたむと聞かされ、大きなショックを受けた山城さんでしたが、ある日、正田さんから突然こんな提案を受けました。

「山城くん、店をやるんだったらどうだろう……ここで、うどん屋をやってみないか?」

突然の提案に驚いた山城さん。天ぷらと魚料理の経験はあるものの、うどん作りは全くの未経験。「ちょっと考えさせてください」と答えを保留しましたが、数日後……経堂の街を歩いていると、正田さんに偶然バッタリ出くわしました。

「山城くん、あの話、考えてくれたかな? 実はね……『ぜひ店を譲ってほしい』って言って来てる人もいるんだ」

「花坊」の一品料理メニュー

正田さんが、他に譲る話をいったん保留してくれていることを知り、山城さんは決心しました。

「大将、うどん作りを一から僕に教えてください!」
「わかった! ただし、『花坊』の名前を譲るかどうかは君の頑張り次第だからね」

山城さんは言います。「やっぱり『花坊』がなくなるのは、どうしても嫌だったんです。同じように思っているお客さんたちも大勢いるだろうし、だったら自分が継ごう、と」

さっそく正田さんの指導のもと、猛特訓が始まりました。うどんの生地を手でこね、しっかりと足で何度も踏み、長く伸ばして刻みます。

「うどんは生き物。その日の気温や湿度によって打ち方を変えないといけないんです。とくに乾燥が大敵なんですよ」

各地の銘酒も取り揃えています

ダシは何種類もの素材を重ねてとって行きますが、そのレシピは正田さんが編み出した秘伝中の秘伝。間違いなく教えられた通りにやっているはずなのに、味が違うのはなぜだろう? よく観察すると、正田さんが火加減を微妙に調節しているからだと気がつきました。

そんなふうに日々の試行錯誤を重ね、半年ほど経ったある日、正田さんからこんな一言が……「よし、これなら大丈夫だ!」。「のれん継承」を許され、山城さんは去年(2018年)の1月1日から、正式に『花坊』の2代目主人になりました。

山城さんは言います。「厨房に入って来て、『この味じゃないよ!』と指摘してくださる昔からの常連さんもいらっしゃいます。先代から受け継いだ味を守りつつ、ゆくゆくは自分なりの工夫を加えて『花坊』のうどんを進化させて行きたいですね」

「花坊」
東京都世田谷区経堂1-12-14 中谷ビル1F
TEL:03-3706-1278
営業時間:
■昼 11:45〜14:00
■夜 18:00〜21:00
※水曜日は定休日です。

八木亜希子 LOVE&MELODY
FM93AM1242ニッポン放送 土曜 8:00-10:50

八木亜希子 LOVE & MELODY

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.