宇宙飛行士のお仕事とは? 【鈴木杏樹のいってらっしゃい】

宇宙飛行士には、いろいろな仕事があります。
例えば、宇宙船や『国際宇宙ステーション』の運用、宇宙での実験や観測など。
『国際宇宙ステーション』の中だけでなく、外でもすることがあります。
それぞれの仕事は1人でやるのではなく一緒にいる仲間達と、協力し合って進めていきます。

1970 年代後半、スペースシャトルの開発が進む中、日本でも人を乗せた宇宙実験の可能性が、議論されるようになりました。
その結果、1985年に日本人宇宙飛行士として毛利衛さん、土井隆雄(どい・たかお)さん、女性の向井千秋(むかい・ちあき)さんの3人が選ばれました。

その中から毛利さんが1992年9月12日、スペースシャトル『エンデバー』に、日本人初の宇宙飛行士として乗り込みました。
向井さんは1994年、スペースシャトル『コロンビア』に乗り込み、宇宙でたくさんの実験を行いました。
向井さんに次いで、二人目の女性宇宙飛行士が山崎直子(やまざき・なおこ)さん。
2010年、スペースシャトル『ディスカバリー』で『国際宇宙ステーション』に行き、物資の輸送などを行いました。

土井隆雄さんは1997年、スペースシャトル『コロンビア』に乗り込み、日本人宇宙飛行士として初めて、船外活動を行いました。
毛利さん、向井さん、土井さん、山崎さんは宇宙飛行士としては現役を引退されています。

現在、若田光一(わかた・こういち)さん、野口聡一(のぐち・そういち)さん、古川聡(ふるかわ・さとし)さん 、星出彰彦(ほしで・あきひこ)さん、油井亀美也(ゆい・きみや)さん、大西卓哉(おおにし・たくや)さん、金井宣茂(かない・のりしげ)さん7人の方々が、現役の宇宙飛行士として活躍されています。

私、鈴木杏樹は、若田さんと古川さんにお会いしたことがあります。
まさに私達にとって“レジェンド”であり“ヒーロー”だと思いました。

(2016/9/13放送分より)

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい
ニッポン放送ほか全国ネット
ニッポン放送 (月)~(金) 朝7:37から(「高嶋ひでたけのあさラジ!」内)
※ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。