9月12日は「宇宙の日」 【鈴木杏樹のいってらっしゃい】

9月12日は『宇宙の日』でした。それにちなんで今週は『宇宙』について・・・

1992年は『国際宇宙年』。
世界中が協力して、宇宙や地球環境について考えましょう!と宇宙への国際協力が始まった年でした。
日本でも末永く、宇宙の普及活動を続けていきましょう!と、一般の方々から『宇宙の日』にふさわしい日を募集しました。

その結果、毛利衛(もうり・まもる)さんが日本人宇宙飛行士としてスペースシャトル『エンデバー』で、初めて宇宙へ飛び立った日、9月12日が『宇宙の日』に選ばれました。
それ以降、毎年『宇宙の日』を含む、約1ケ月間を“『宇宙の日』ふれあい月間”として、青少年向けの宇宙イベント『宇宙ふれあいフェスティバル』や“宇宙”をテーマにした『作文・絵画コンテスト』を開催しています。
さらに『JAXA・宇宙航空研究開発機構』などでは各施設を一般の方々に公開しています。

実は毛利さんよりも前に、宇宙に行った日本人がいます。
1990年、当時TBSの社員で、記者をされていた秋山豊寛(あきやま・とよひろ)さんです。
旧ソ連の宇宙船で宇宙に飛んで、宇宙ステーションに6日間滞在しました。
そして秋山さんは、地球の映像を撮影して生中継した初めての“日本人宇宙特派員”となりました。
そんなところから『JAXA』では“日本人として初めて宇宙へ行った”のは秋山さんで、“初めてスペースシャトルに乗って宇宙へ行った”のは毛利さんとしています。

当初、毛利さんの最初の飛行は1988年に予定されていましたが、その2年前に『チャレンジャー号』の爆発事故などがあって4年以上も遅れてしまいました。

それでも1992年に、毛利さんの宇宙飛行が成功し、宇宙からの授業やリポートによって、たくさんの日本人が宇宙がより身近な存在だと感じることが出来ました。

(2016/9/12放送分より)

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい
ニッポン放送ほか全国ネット
ニッポン放送 (月)~(金) 朝7:37から(「高嶋ひでたけのあさラジ!」内)
※ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。