女性の味方!家事代行サービスはいかが? 【ひでたけのやじうま好奇心】

d987da1dba64cc3abf1a12a3afb76f58_s(w680)

お掃除や料理などをプロの方に依頼する「家事代行」。
働く女性や、お年を召した方にとって、家事をかわってもらうのは何よりありがたいですよね。
奥様へのプレゼントや敬老の日のプレゼントにもぴったりのサービス。

この家事代行サービスは、ビジネスとしても注目されています。
政府による女性活躍推進などの後押しもあって、経済産業省は2012年度の時点で、およそ1,000億円と言われた家事代行市場が、将来的には6倍に拡大すると推計しています。

さらに、東京都は8月31日に外国人による家事代行サービスを解禁する事を決めました。
外国人の活用の解禁は神奈川県、大阪府に続き3例目。11月に国と協議機関を設けて事業者を選ぶ方針です。

このように、家事代行サービスには追い風が吹いています。

この家事代行サービス。
家事を人に頼むなんて、贅沢だというイメージがありますよね。でも、競争が激しくなっている中、様々な工夫によって、家事代行サービスでは価格破壊が起きています。

ショコラ

ショコラ

人材派遣会社インテリジェンスが手掛ける「ショコラ」(https://shocola.jp)。
こちらは、会社の福利厚生として、家事代行を提供しています。
利用する企業の社員は福利厚生の一環、育児や介護と仕事の両立支援策として、掃除や洗濯といった家事代行サービスをかなり安く利用できる仕組み。
企業によって多少異なりますが、通常2時間1万円ほどかかる家事代行を半額に近い5千円程度で利用出来るそうです。
利用者で一番多いのは、30代、中でも、お子さんのいる女性の利用が一番多く、その次に多いのが、意外にも単身の男性。
日常的な家事ではやりきれないところを月1回2時間5千円程度かけて家事代行サービスを使うというケースが多いという事です。

タスカジ

タスカジ

続いては、価格破壊を起こしている事で話題の家事代行サービス「タスカジ」(https://taskaji.jp/)。
通常の家事代行サービスは社員・従業員を雇って、そのスタッフが家事代行を行うのですが、こちらは家事を仕事にしたい主婦「タスカジさん」と、家事をお願いしたいファミリーを、マッチングするサービス。
一般的な相場で家事代行は1時間5千円ほどかかりますが、1時間当たり1,500円からと異例の低価格を実現しています。

なぜ、これほど安いのか?タスカジを運営されている港区のブランニュウスタイルの担当者の方に伺いました。

1)家事代行をやりたい人とお願いしたい人の間で契約する「個人間の直接契約」だから安くなる。
1時間当たり1,500~2,600円の利用料のうち20%が運営会社への手数料となるそうです。

2)「半数は外国人スタッフ」だから安くなる。
「タスカジ」さんには、およそ300人が登録されていて半数は外国人の方。圧倒的に多いのはハウスキーパーのスペシャリストが多いフィリピン人、その次にブラジル人、ドイツ、スペイン、イタリア、クロアチア、ベトナム、インドネシア、スリランカ、ウズベキスタン、中国など様々。

では、この「タスカジ」。どのように利用するのか?
利用出来るサービスは掃除から洗濯、買い物、ペットケアまで様々。
栄養士や調理師、整理収納アドバイザーなどの資格の保持者など多様なスキル、個性を持ったハウスキーパーが登録しており、そういった方との個人間の契約なので、お願いしたいスタッフを選ぶ事が出来ます。

「タスカジ」のホームページで、最寄り駅を入力すると、様々な資格や能力を持ったスタッフ「タスカジさん」がズラーッと出てきます。
ためしに、「有楽町」と検索したら、日本人の方だけでなく、フィリピンやアルゼンチン(日本で長年暮らしている)の方も出てきました。
プロフィールも閲覧出来まして、利用者による5段階の採点や感想も掲載されています。
グルメサイトのように、利用者の方に厳しく評価されるので、サービスに問題がある人は淘汰されて行くようです。
選ぶ側はレビューの評価を見ながら、自分にあったスタッフを探すのがいいかもしれません。

この「タスカジ」で一番多い依頼は掃除です。
また、今年に入ってから作り置き(料理)ニーズも急拡大しているそうです。例えば、イタリア人にイタリアン、中国人の方に中華料理を作ってもらうというように、外国人の方に、その国のお料理を作ってもらうというのもいいですね。
月2回または4回程度の定期利用で毎月1~2万円程度を使う方が多いそうです。

知らない人に、家に入られるのは、ちょっと抵抗があるという方もいらっしゃると思いますが、「タスカジ」では、身分証明書による本人確認と、ハウスキーパーの面接、スキルチェックを行っているそうです。
さらに、もしもの時の為に、最大1億円の損害賠償保険もあります。

カジー

カジー

ピナイ家政婦サービス

ピナイ家政婦サービス

他にも、スマートフォンから365日24時間いつでも申し込む事が出来る「カジー」(https://casy.co.jp)というサービスや、スタッフが全てフィリピン人の「ピナイ家政婦サービス」(http://pinay.jp)など、家事代行サービスは今、花盛りです。

子育てが忙しくて息を抜きたいママさん、仕事と家事の両立が大変な働くお母さん、世の中にはつらい家事に悩んでいる女性が沢山いますので、男性は奥様、パートナー、年老いたお母さんに、家事代行サービスのプレゼントをされてみてはいかがでしょうか?

9月16日(金) 高嶋ひでたけのあさラジ!三菱電機プレゼンツ・ひでたけのやじうま好奇心」より